スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅、感想

お久しぶりです!
長らくブログ放置いたしまして、
もしご訪問くださってた方がいましたら、
すみませんでした&ありがとうございます m(__)m

さて~

待ちに待ったハリポタ新シリーズ映画
『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』

観てきましたヨ~\(^o^)/

ファンタスティックビースト

ハリーポッターの時代から遡ること70年、1926年のニューヨークに、
トランクに魔法動物を入れてニュート・スキャマンダーがやってきて・・・

まだ見てない方もいらっしゃると思うので、ネタバレなしで感想を。

まあ、ともかく、ハリポタファンにとっては
この世界観に浸れるだけでも幸せ~♡な映画です。

ハリポタと違って原作なしなので、ストーリーがわかりやすい。

脚本はローリングさんが書いているので
ローリングさんの頭の中にある魔法界の世界が
丁寧に丁寧に描かれて

ハリポタ知らない人でも楽しめると思います。

かつ、ハリポタとのつながりも潜ませてあってファンにも嬉しいつくり(*^_^*)

主人公のニュートが書いた教科書でハリーたち勉強したんだよなとか
チラチラとハリポタ世界を思い浮かべて楽めます。

新シリーズは5部作になるそうで
ストーリー的には今回は触りといったところな感じですが

登場人物と魔法生物がとても魅力的で引き込まれて行きます。

今回は主人公ニュートと仲間たち、みんな大人なので、

ハリポタ映画の初見、ハリーの可愛さに理屈も何もなく本能直撃で瞬殺
というわけではないですが

じわじわと感情移入できてしまう。

魔法生物は、カワイイのや美しいのや面白いのや、、
ローリングさんの感性の豊かさ、素晴らしいの一言です!

ニューヨークが舞台ということで
近代的な大都市と魔法使いの世界ってどうなの?って思ってましたが
1926年だとしっくりなじむんですね。
制作者のセンスの良さを感じました。

なんとなく、
今のアメリカや世界の、不穏に振れた社会情勢へのメッセージも感じられるような。

この先、make 俺たち great again な方たちとの苦闘がはじまるのかな~なんて思ったり。
ハリポタも進むにつれて苦しい闘いの話になっていったので。

1926年という時代設定も
このまま年が進んでいくと1929年のNY株式暴落をきっかけに
世界大戦に向かって進みだした人類の歴史を思い出して心配になってしまいますね。

映画では、最後にあっとなって
はやく次見たい~~!ってなります^_^;

このブログに来てくださるような方は絶対観るとは思いますが、
とっても満足・オススメな映画でした。

あ、3D MX4Dというスクリーンで見ましたが(技術はよく知りませんが)
画面は目の前だし飛び出してくるし
ガタガタ椅子は動くし 水しぶきは飛んでくるし 香りも漂い
臨場感あふれてよかったです。

 にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

コメント

ミーシャ様、お久しぶりです。こちらも久しぶりにのぞいて見たらなんとまぁ、更新されていて驚きました^ ^ ファンタスティックビースト、今外国にいるので英語が苦手な私は映画を観れないので本当に残念です。ハリポタの新しい世界を久しぶりに満喫できそうですね。とっても観るのが楽しみです。呪われた子供達の本は読まれましたか?^ ^ こちらは原作で今読んでいるのですが、スネイプ先生まで登場し、新しい本が出るたびに胸を躍らせていた昔の自分に戻った気持ちになります。
興奮して長文コメントしてしまいました、失礼します^^;

蓮さんコメントありがとうございます♪

蓮さんお久しぶりです~\(^o^)/
今外国にいらっしゃるのですね。コメントいただけて嬉しいです♪

ファンタビ日本語版見られる日をお楽しみに^^登場人物も舞台もハリポタと違うのに、よくぞ帰ってきてくれた!って気分になりました。
呪われた子供たちにはスネイプ先生も登場するんですか!! まだ読んでなかったですが、絶対読まねばです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。