スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅、感想

お久しぶりです!
長らくブログ放置いたしまして、
もしご訪問くださってた方がいましたら、
すみませんでした&ありがとうございます m(__)m

さて~

待ちに待ったハリポタ新シリーズ映画
『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』

観てきましたヨ~\(^o^)/

ファンタスティックビースト

ハリーポッターの時代から遡ること70年、1926年のニューヨークに、
トランクに魔法動物を入れてニュート・スキャマンダーがやってきて・・・

まだ見てない方もいらっしゃると思うので、ネタバレなしで感想を。

まあ、ともかく、ハリポタファンにとっては
この世界観に浸れるだけでも幸せ~♡な映画です。

ハリポタと違って原作なしなので、ストーリーがわかりやすい。

脚本はローリングさんが書いているので
ローリングさんの頭の中にある魔法界の世界が
丁寧に丁寧に描かれて

ハリポタ知らない人でも楽しめると思います。

かつ、ハリポタとのつながりも潜ませてあってファンにも嬉しいつくり(*^_^*)

主人公のニュートが書いた教科書でハリーたち勉強したんだよなとか
チラチラとハリポタ世界を思い浮かべて楽めます。

新シリーズは5部作になるそうで
ストーリー的には今回は触りといったところな感じですが

登場人物と魔法生物がとても魅力的で引き込まれて行きます。

今回は主人公ニュートと仲間たち、みんな大人なので、

ハリポタ映画の初見、ハリーの可愛さに理屈も何もなく本能直撃で瞬殺
というわけではないですが

じわじわと感情移入できてしまう。

魔法生物は、カワイイのや美しいのや面白いのや、、
ローリングさんの感性の豊かさ、素晴らしいの一言です!

ニューヨークが舞台ということで
近代的な大都市と魔法使いの世界ってどうなの?って思ってましたが
1926年だとしっくりなじむんですね。
制作者のセンスの良さを感じました。

なんとなく、
今のアメリカや世界の、不穏に振れた社会情勢へのメッセージも感じられるような。

この先、make 俺たち great again な方たちとの苦闘がはじまるのかな~なんて思ったり。
ハリポタも進むにつれて苦しい闘いの話になっていったので。

1926年という時代設定も
このまま年が進んでいくと1929年のNY株式暴落をきっかけに
世界大戦に向かって進みだした人類の歴史を思い出して心配になってしまいますね。

映画では、最後にあっとなって
はやく次見たい~~!ってなります^_^;

このブログに来てくださるような方は絶対観るとは思いますが、
とっても満足・オススメな映画でした。

あ、3D MX4Dというスクリーンで見ましたが(技術はよく知りませんが)
画面は目の前だし飛び出してくるし
ガタガタ椅子は動くし 水しぶきは飛んでくるし 香りも漂い
臨場感あふれてよかったです。

 にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

謹賀新年とスターウォーズ・フォースの覚醒3D

あけましておめでとうございます!

妄想小説の更新ができないまま、年が変わってしまいましたm(__)m
今年こそ、本編完了&外伝を目指して頑張ります。

先日、スターウォーズ・フォースの覚醒を、MX4Dというスクリーンで見てきました。
MX4Dというのは、3Dにくわえて、椅子が動いたり風が来たりという体感型のものです。

フォースの覚醒、ストーリー云々言う前に、

「遠い昔、はるか銀河系の彼方で・・・」
の世界を体感できるだけですでに感動ものでした。
最初のエピソード4から劇場で見てる年代なので^^;

新しい3部作なのでストーリー的に深まりが足りないとこもあり
日本での評価は分かれているようですが、
旧メンバーも頑張ってましたし、
新メンバーも期待できて、次回以降も楽しみです。

ちょっと、ハリポタの影響?みたいなとこもありましたヨ。

ライトセーバーが使い手を選ぶとか
仮面を脱いだ新悪役さんがちょっとあの方の雰囲気とか^^
あ、ハリポタのビル(ウィーズリー)も出てました♪

終わった時に少し物足りない感があって
なぜかと考えたところ・・・

ダース・ヴェイダーのテーマ曲がかからない~!

まあ、ダース・ヴェイダーが出てきませんでしたのでしかたないですけど。

やっぱり、過去のある悪役というのは魅力的なものです。
新しい悪役さんの掘り下げは、次回作以降かな?

実は、今回新作を見るにあたって、前回までの復習をしたのですが、

最初のEP4~6は
当時としてはまったく新しい世界観がバーンと出てきて最高でした。

次のEP1~3は評価あまりよくなかったようですが、私は好きです。
だって、好みの美男美女のオンパレード@@
ナタリー・ポートマン、リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー
だけでも見る価値あるのに
アナキンの子役は超可愛いし
ヘイデン・クリステンセンも甘い美形で。

スターウォーズの一番人気は実はドロイドだそうですが、
新作で出てきた新しいドロイドのBB-8もすごくかわいいです。

全然違う話になりましたが、
出遅れ過ぎな「出遅れハリポタ語り」
今年もよろしくお願いします。

 にほんブログ村 小説ブログへ

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

映画 ラブ・アクチュアリー

Merry Christmas!!

アラン・リックマンさん出演の映画『ラブ・アクチュアリー』、
初めて見ました(今ならhuluで見られます)

クリスマスにぴったりの映画ですね♪

Love-Actually

9つのストーリーが、大切な人と過ごすクリスマスに向かって進んでいきます。

9つっていうのは、
意外と内気なイギリスの新首相、弟に彼女をとられちゃった作家、秘書の誘惑によろめく社長さんとその妻、社長さんの会社に勤める内気な女子社員、妻を亡くした夫と義理の息子、親友の結婚に複雑な思いを抱く新進画家、再起をめざす老いぼれロックスター、イギリスではモテないけどアメリカならと夢を抱く若者、ヌードシーンのスタント。

我らがアラン・リックマンさんは幸せな家庭をもつ社長さんなのに、
若い秘書に誘惑されちゃうわけですが、
これがもう魔法使ったかってくらいかっこいいです。
奥様はハリポタのトレローニー先生ことエマ・トンプソン。

Love-actually-Alan

ラブ・アクチュアリーは2003年の映画なのでハリポタ映画も進行中。
先生、マグル界ではトレローニー先生と結婚してたんですかって感じです^^;

9つもあるので、それぞれのストーリーは断片がつながれて行くだけなのですが、
幸せだったりほろ苦かったり悲しかったり、
恋人同士、夫婦、親と子、兄弟、片想い、いろんな情愛にじーんときました。

映画の冒頭、ヒュー・グラント演じる首相のナレーションがとってもよくて、それがすべてといえるかも。

 * * * * *
世の中に嫌気がさしたら、ヒースロー空港の到着ゲートへ。

人は言う 「現代は憎しみと欲だけ」と。
そうだろうか?

ここには愛の光景がある。
崇高な愛ではなくニュース性もない
父と子 母と子 夫と妻 恋人同士 懐かしい友人。
「9月11日」の犠牲者があの時かけた電話も、憎しみや復讐でなく、愛のメッセージだった。

見渡すと、実際のところ この世には愛が満ちあふれている。

 * * * * *

Love actually is all around.

見終わって、やさしい気持ちになれるクリスマス映画です。
それぞれのストーリーの人が少しずつつながってるのも楽しい。
登場人物が多くて、初めは話を追うのに忙しいので、
2回見ると一つ一つの物語の味わいが増します。

出演者もすごい顔ぶれですヨ。
アラン初めいい男がいっぱい見れて(美女も)、
しかも心温まるというクリスマスにおススメの映画でした。

素敵なクリスマスを。

(以下、ちょっぴりネタバレ)

続きを読む »

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

tag : ラブ・アクチュアリー,アラン・リックマン

イギリスSFドラマに浮気、「トーチウッド」「Doctor WHO」

ハリポタ妄想、セブが辛い局面に来ると、他に浮気して、更新が滞りがちになります(^^;)
というか、グリフィンドールの話になると遅くなるかな、リーマス頑張れ!

で、今回はイギリスのSFドラマ「秘密情報部トーチウッド」に浮気しておりました^^;

トーチウッド

画像↑真ん中のキャプテン・ジャック・ハークネス率いるチームが、
時空の裂け目から侵入するエイリアン問題を処理してゆくというSFドラマです。
アメリカSF映画の、エイリアンから世界を守るっていうのと比べて
かなり壮大じゃないのがイギリスっぽくていいです。

たまたまhuluでキャプテン・ジャックを見て、
誰このトム・クルーズが陽気なラガーマン(←体格が)になったみたいな人、
と興味を惹かれてつい見てしまいました。

これはイギリス国営放送BBCの子供向けSFドラマ「ドクターフー Doctor WHO」の
大人向けスピンオフということだそうで、何が大人向けかというと、
チーム5人の人間関係がおとな、
話しの悲惨さもおとなになっております。

面白いのはキャプテン・ジャックの人物設定
=不死身のオムニセクシュアル!

オムニセクシュアルっていうのは、男でも女でもエイリアンでもOKってことで、
不死身っていうのは、不死身に強いじゃなくて
文字通りほんとに死なない。というか、死んでも生き返る。
たとえ生き埋めにされようが、お腹の中で爆弾が爆発しようが。

陽気で強気なキャプテン・ジャックですが、
ほぼ永遠に生き続ける年をとらないジャックと、
限りある命の他者との関わりが、
陰りを加えて魅力的なキャラクターを作ってると思います。
白髪1本見つけて喜ぶジャックに、不死身の孤独を感じます。

ドラマとしては、シーズン2が一番いい。
3もいいですが、悲しい。
私的にはヒロインが今一なので、要はキャプテン・ジャックが気に入るかどうかってドラマかな。

ついでにスピンオフのもとになった「Doctor WHO」も見てしまいまして、
子供向けSFなんてと思いましたが、意外とおもしろい!
イギリスの『子供向け』ってあなどれませんわ。

ドクターといってもお医者さんじゃなくて、
ドクターっていう名前の異星人が、時空を旅しつつ地球の人々を守ってくれるストーリー。
最強の敵のダーレクとか、笑っちゃうほど可愛いです^^;
ドクターと一緒に時空の旅をするコンパニオンの1人がキャプテン・ジャックで、
そのスピンオフドラマが「トーチウッド」というわけです。

で、見ておりましたら、誰この人見たことある↓

ドクターフー

見覚えありますよね?
ハリーポッター映画4作目、ハリーポッターと炎のゴブレットで
無駄にカッコイイ(出演が短かったので)と思ったバーティ・クラウチ・ジュニアでした。

Doctor WHOはなんと50年も続いている大人気ドラマだそうですが、
ドクターは死にそうになると姿を変えて生き延びるので、
デヴィッド・テナントさんが演じた10代目ドクターは、
新シリーズのシーズン2~4で活躍してます。

話は戻ってキャプテン・ジャックを演じる男前俳優ジョン・バローマンさんですが、
実生活ではこんなんだそうで↓

ジョンバローマン

なにこの王子様&王子様なカップル!
こんなカップルが実在するなんてびっくりしました。
20年以上連れ添っているパートナーと、去年カリフォルニア州で結婚されたそうです。

写真見るだけでこっちまで幸せ気分になるお2人ですが、
末永くお幸せに♪

と、こんなことやってたので更新が滞ってしまいましたm(__)m

(画像はすべてネットの拾いものです)

 にほんブログ村 小説ブログへ

テーマ : 海外ドラマ(欧米) - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : トーチウッド,ドクターフー

映画「スタンド・バイ・ミー」、少年4人の夏

ハリーポッターの原作でも映画でも、親世代の少年時代はわずかにほのめかされているだけで、それもほどんどスネイプ先生絡みの過去。なので、先生LOVEのミーシャの妄想は、ルーピンの内心の葛藤はともかく、グリフィンドール4人組の少年期=憎たらしいいじめっ子になってしまうのですが。

ルーピンの少年時代を延々と妄想しているうちに、彼らにも胸が熱くなるような輝かしい友情の日々があったはず、少しくらいそんな日々を生き生きと描きたいなあと思い、しかし浮かんでこない^^;

というわけで、ちょっと胸が熱くなる少年4人組に寄り道しました。

4人の少年の夏の2日間を描いた映画、スタンド・バイ・ミー(Stand by me)。ありがたいことにhuluでやってくれてまして^^

ジョンレノンもカバーした同名のテーマ曲とともに知ってる人も多い有名な映画だと思いますが、こんな4人が1泊2日の冒険に出るロードムービー(1986、アメリカ)。

standbyme

ジェームスたちのイメージよりは、ずいぶん素朴な感じ。50年代のアメリカの田舎の子たちの設定なので無理もないか^^;

冒険といっても大事件が起こるわけでもなく、大人になった1人があの頃を振り返るっていう話なので、郷愁の切なさが漂う映画です。

印象に残るのは、実は少年たちの旅それ自体よりも、エンディング。

昔を振り返って、失ったものの大切さ、いてくれたことへの感謝を感じるくらいの年齢になると、しみじみする映画なのかもしれません。

でも、だからといって、自分の子供の頃のそんな友達の思い出がしみじみ浮かんできたわけじゃないので、やっぱり(元)少女の話ではなくて、(元)少年たちの話なんだなとかつらつらと考えました。きっと、子供から大人になっていく時期は、女の子より男の子のほうが、少しだけたいへんなんじゃないかなとか、女は今を生きる傾向が強いから、今に関わらなくなったことへの郷愁が薄れがちなのかなとか。女の友情は薄いとは考えたくないんで。

最初のうちは、この4人の誰がグリフィンドール4人組の誰と重なるかなどとも思ってみましたが、結論的には全然重なりません。でも年齢的には、先生くらいの年代で12歳の夏を振り返っているのだと思うと、しみじみ感は増します。

それと最後に流れるStand by me の曲は、ルーピンの想いかな~なんて。いえ、誰の想いでもあるのかな。要約すると、

君がいてくれれば怖くない。ダーリン(友よ)、僕のそばにいて。どんな時もそばにいて。君が困ったらいつでも僕のそばに来て。

っていう歌ですからね。

ちなみに、(原作の)セブルスとリリーを思うとよく浮かぶ曲は、I will be right here waiting for youです。切ないメロディーとあいまって、
Wherever you go, whatever you do, I will be right here waiting for you
Whatever it takes or how my heart breaks, I will be right here wiating for you
のとこにくると、リリー頼むよって叫びそうになります。
まあ、このサビの部分しかわからないんですが。

映画に戻って、この映画の切なさに拍車をかけるのが、リヴァー・フェニックス(左から2人目)の早逝です。
23歳の若さで。くしくもハローウィンの日に。こんな美青年が(涙)

riverphenix

そんなわけで、妄想と全然関係ない寄り道になってしまいました。
てか、歌のあたり、書いてて恥ずかしい入れ込みようだと思いました。

 にほんブログ村 小説ブログへ

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。