スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーピンの物語9

(これは『ハリー・ポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)

そして僕たちは、ホグワーツを卒業した。

7年前、孤独を胸に一人ホグワーツ特急に乗った僕は、思いがけず深い友情を得て巣立っていく。喜びも悲しみも、そして苦い思いも、すべては彼らとともにあった。ジェームス、シリウス、ピーター。かけがえのない、僕の友達。僕のすべて。

その頃魔法界は、闇の陣営が勢力を増し、混迷を深めていた。マグルやマグルびいきの魔法使いの誰それが、襲われたとか死体で発見されたとか行方がわからなくなったとか、そんなニュースが多くなっていた。

リリーを含め僕たち5人は、ダンブルドア先生から声を掛けられて、卒業とともに『不死鳥の騎士団』に加わった。闇陣営はたくみにその全容を隠していて、魔法省への浸入もささやかれていた。ダンブルドアが結成した『不死鳥の騎士団』は、魔法省とは別の有志の集団として、情報を集めたり、デスイーターの破壊行動を防いだり、闇陣営の勢力拡大を抑える活動をしている。

人狼は安定した職業につくのが難しい。世の中ではあいかわらず恐れられ嫌われているから、正体を知られずに長期間働くのは難しくて、農場や工場を転々とするしかなかった。そうして生計をたてながら、騎士団員として人狼のグループが闇陣営に回るのを防いだり、その実態を探ったりするのが僕の主な任務だった。もちろん、デスイーターの襲撃があったときには、他の騎士団メンバーとともに駆けつけて戦うこともある。

すっぽりとフードに身を隠したデスイーターたちは、その正体がわかりにくく、彼らの仲間内でも全メンバーを知るのはヴォルデモートだけのようだった。人々は誰がそうなのかわからない闇陣営に怯え、なりをひそめて暮らしていた。

だけど、暗い世相の中にも幸せはある。ジェームスとリリーは、卒業後まもなく結婚した。美男美女の新郎新婦に、美形のベストマン、シリウスまで加わって、盛大ではないけれど、華やかで温かい結婚式だった。皆に祝福されて、愛する女性とともに家庭を築いていく。僕には手が届きそうもないけれど、ジェームスの幸せを守っていきたいと心から思った。

その少し前に、ルシウス・マルフォイの結婚が日刊予言者新聞で報じられた。相手はナルシッサ・ブラック。シリウスの従姉だ。純血の名門どうしを結ぶその結婚のニュースに、ふとスネイプはどうしているだろうと頭をかすめ、ニュースの写真に目を凝らして見ると、なんとマルフォイのベストマンとして新郎新婦の傍らに仏頂面して映っていた。

7年生のときにリリーから又聞きした噂「スネイプはルシウスの恋人」の真偽はともかく、お気に入りであったのは事実のようだ。

そこが君の見つけた居場所なんだね。なんとなくスネイプと話したくなったのは、ホグワーツ卒業後、僕が居場所を探しあぐねていたからかもしれない。有力デスイーターと噂されるマルフォイとともにデスイーターになったのは間違いないだろうけど、そのイメージは、僕にはしっくりこなかった。たぶん、僕がスネイプの治癒呪文をきいたことがあるせいだと思う。

やがてジェームスとリリーにハリーという子供が誕生して、ジェームスの家で久しぶりにグリフィンドールの仲間が顔を揃えた。騎士団の集会などで顔を合わせることはあっても、それぞれの生活がある今は、学生時代のようにいつも4人で、というわけにはいかない。

ジェームス、リリー、ハリーのゴッドファーザーになったシリウス、それにピーター、僕。ジェームスの新居で小さなハリーを囲んで、この上ない幸せなひと時だった。ハリーを抱くリリー、それを誇らしげに見守るジェームス。大騒ぎしてリリーにたしなめられるシリウスとピーター。こんな世の中でも、人は愛し合い、子を育み、友と喜びを分かち合う。友達と過ごす安らぎに身をまかせながら、僕は、この幸せがずっと続くと信じていた。

この日のことを、あとで何度も思い返した。この幸せが、1年も過ぎないうちにああも見事に崩壊する兆しなど、どこにも見当たらない。この中にすでに裏切りの芽が潜んでいたとは、僕にはどうしても信じられない。

まもなく、騎士団の集会で、ハリーがヴォルデモートに狙われていると告げられ、ジェームス一家は安全な場所に身を隠すときかされた。そしてそのうち内部に裏切り者がいるとささやかれ始めた。僕は人狼グループの情報収集という任務を与えられて、しばらく本部から遠ざかった。ジェームスたちのことは気になったけれど、シリウスにきいても歯切れが悪く、あとで思えば、僕こそ裏切り者かと警戒されていたのだ。


そしてあの日。1981年のハローウィンの翌日。

僕はすべてを失ったと知ることになる。

忠誠の術で守られていたはずの、ゴドリックの谷にあるジェームスの自宅が、ヴォルデモートに襲撃された。幼いハリーを残してジェームスとリリーが死亡。ヴォルデモートの姿も消えた。そしてピーターとマグルを含む10名以上を殺して逃亡した裏切り者の『秘密の守人』、シリウスが捕えられ、アズカバンに送られた。

生き延びた子、ハリー・ポッターを称え、喜びに沸く魔法界。その中で一人。生き残ってしまった僕。

ダンブルドアを訪ね、事実を確認した。

「なぜ、こんなことに・・・」

「間違った人を信じてしまったのじゃ。わしも、ジェームスも。信じてはならぬ者を信じ、信ずべき者を疑った。」

「ほんとうに、シリウスが裏切ったのですか?」

ダンブルドアは肩を落としてうなづいた。

「事実がそれをあらわしておる。」

「ジェームスたちが、私のすべてでした。私は・・・私はこれからどうしたらいいのでしょう?」

「ハリーがおる。リーマス。ハリーが。ヴォルデモート卿は必ず復活する。そのときに再び危険にさらされるハリーを守るのじゃ。」

うなづいたものの、僕には進む道が見えなかった。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

ルーピンの物語8

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)

それから、4人+リリーで一緒にいることが増えたけれど、リリーも僕も、スネイプに関するその会話はなかったかのようにふるまった。いや、ジェームスたちが『いたずら』をやめれば、そもそもスネイプのことはもう話題にならなかった。

ジェームスはつまり、リリーと仲の良いスネイプが気に入らなくて嫌がらせをしていたわけだ。闇の陣営は憎んでいるけれど、2人が離れたなら、へたにかまってまたリリーを怒らせるのは避けたいだろう。

シリウスは家の問題を抱えていた。純血主義で伝統的にスリザリンのブラック家の長男として、ずっと家族と争っていたらしい。だから、闇の魔法に長け、あえてスリザリンを選んだスネイプがますます気に入らなくていじめていた。家族との争いは、この休みに、シリウスが家を出てジェームスの家に滞在するという形で一応決着したらしい。気が晴れたシリウスはスネイプいじめに興味をなくしたわけだ。

といっても、グループでのいじめや嫌がらせをしなくなっただけで、2人ともスネイプと顔を合わせれば杖を向けてやりあってはいたようだ。これはもう、相性の悪い者同士のケンカといえるもので、実際僕がそのことに気づいたのは、ジェームスやシリウスが時々ケガをして、口惜しそうにスニベルスにやられたと言っていたからだ。リリーには内緒だぜとジェームスにウィンクされた。

そんなこんなで、それに年齢的にも少し大人になって落ち着いてみれば、ジェームスもシリウスもこの上なくよい友人だった。なんといっても、人狼である僕を、初めて受け入れて支えてくれた友達だ。

最悪の思い出としかいえないようなことが多い僕の人生だけど、少ないながらすばらしい思い出もあるわけで、それを与えてくれたのがこの2人だった。

僕の最良の思い出。それはホグワーツ1年も終わり頃の満月明けのことだった。医務室からふらつきながら塔に戻り、ベッドに倒れこんだ。少し休んでいると、ジェームスとシリウスが部屋に入って来た。

「体、大丈夫か?」

「うん。ありがとう。」

「リーマス、言おうかどうしようか迷ったんだけど、隠し事はやめようと思うんだ。僕たち、たぶん、君の秘密を知っているよ。」

一瞬頭が真っ白になった。いや、真っ暗だったかも。僕が人狼だと、気づいたんだ。もう終わりだ。一生懸命隠してきたのに。せっかくホグワーツに入れてもらえたのに。ダンブルドア先生に言って忘却術をかけてもらおうか。でもまた気づかれるだけだ。

覚悟を決めて、糾弾され忌み嫌われる覚悟を決めて、僕は言った。

「僕の秘密って、なんのこと?はっきり言ってほしいな。」

「リーマス、君は」

労わるような眼差しを向けて、ジェームスが続けた。

「人狼だろう?」

そうなんだ。

でも、声にならなかった。今まで、正体が明かされるたびに起こっていたことを思い出す。親切だったおじさんの顔が嫌悪に変わる。友達だった子供に石を投げられる。友達のお母さんから、うちの子に近付かないでと悲鳴をあげられる。いつだって、嫌悪と恐怖のまなざし。そして排除。

僕は小さくうなづいた。その瞬間、ジェームスが僕の肩に腕をまわした。ふわっと、抱きしめるように。

「たいへんだったね。一人で。隠すのもたいへんだっただろう?」

意味がよくわからなかった。

「うつむくことはない。よく頑張って、君はえらいよ。僕は君と友達であることを、誇りに思っている。」

向かいでシリウスが泣きながら強くうなずいていた。気がつくと僕も泣いていて、シリウスは僕の両手をしっかりと握りしめていた。

魔法界で忌み嫌われる人狼の呪い。呪いを受けた僕を抱きしめてくれる友達ができるなんて、思ってもみなかった。

それから、もう1人の仲間にも言うべきだということになって、僕が了解すると、ピーターにも事実を告げた。ある意味特別なジェームス、シリウスと違って、普通の魔法使いのピーターが受け入れてくれるか不安だったけれど、もう一人じゃない、友達ができた僕は少し勇敢になれた。3人でピーターに告げた。

ピーターは驚いて、一瞬体を退けそうになったけど、なんとか踏みとどまった感じで、それでも言ってくれたんだ。

「リーマス、かわいそうに。僕たちは何があっても友達だからね。」

一瞬の反応は、魔法界で育っていれば当然のことだ。それでも友達だと言ってくれたピーターは、特別な人じゃないだけに、勇気をふりしぼってくれたのがわかる。ピーターはやさしいんだ。

それからは、3人がカバーしてくれたから、満月前後の不調や不在を前よりずっとやり過ごしやすくなった。事実を知って受け入れてくれる友達がいると思っただけで、僕の学校生活は一変した。いっきに、明るい楽しいものになった。

その上彼らは僕に内緒で、数年かけてアニメガスになって、変身しているときも僕と一緒にいてくれた。残念ながら変身中の記憶はないけれど、変身後の体に傷が残らなくなったのをみると、狼の僕も幸せだったんだと思う。

彼ららしからぬ「スネイプいじめ」さえなければ、この上ない友達、僕の宝、僕のすべてだった。そして7年次、少し大人になって、『いたずら』もおさまった。スネイプのこと、スネイプに彼らと僕がしたことを思うとチクリと胸が痛んだけど、それより、彼らと一緒にいられることの嬉しさがまさった。

一緒にいると、ジェームスのリリーに対する献身は見ているほうが照れるほどで、笑いながらあしらっていたリリーも、徐々に心を許していった。そして、なんと、2人はつきあうようになったのだ。5年生の頃を思うとありえない展開だけど。ヒーローのジェームスと、美少女優等生のリリーは、文句のつけようのない似合いのカップルだ。

勝負の早いシーカーのジェームスだけど、リリーに関しては、粘り強く7年近くを費やして愛を勝ち得たわけだ。ヒーローの笑顔の陰で、スネイプを踏みにじったわけだけど。スネイプのことを考えると、つい、ジェームスに対して皮肉な気持ちになってしまう。自ら輝く光のようなジェームスから闇を引き出したスネイプは、それはそれですごいけど、彼自身が闇の固まりとは思えない。

スネイプはおぼろ闇の中で、小さな灯りをたいせつに守っているように思えた。僕が人狼という闇の中で、ジェームスたちの友情を灯りとして生きてきたように。スネイプの灯りは、たぶんリリーが灯したものだ。リリーを失い、今はマルフォイの傍らで、幸せそうではあるけれど。

リリーと一瞬目があった。目をそらしたのはリリーだった。

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

ルーピンの物語7

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)

新学年の学校に行ってすぐ気がついたのは、スネイプが明るくなったことだった。明るいスネイプというのは、なんというか、見ていて薄気味悪いものがある。もちろん、明るいと言ってもスネイプだ。ジェームスやシリウスのような、みんなの心を沸き立たせ、思わず笑ってしまうようなものではない。

ただ、ぴりぴりしたとこがなくて、眉間にしわもよっていなくて、視線の鋭さが和らいでほんわかしているというか、それに、そうだ、ローブも新しくなった。見ていてなんとなく落ち着かないけれど、いじめられているのを見ていたたまれないなんていうのよりはずっとましだった。

そして、驚いたことにスリザリン生と一緒に声を出して笑っていた。笑うスネイプ?僕はほんとうにびっくりして、無意識に目でリリーを探すと、、、一瞬目があったけれど、すぐ逸らされた。

よくわからないけど、平和なことはいいことだと自分を納得させることにして過ごしているうち、またちょっと変わったことに気がついた。リリーがジェームスと親しげに話すようになったのだ。だから当然、僕たち4人にリリーが加わることもあるようになった。ジェームスは嬉しそうで、すごくいいヤツになっている。まあ、もともとスネイプが絡まなければいいヤツだったわけだけど。

ジェームスがクイディッチの練習に行っている間に、こっそりリリーに話しかけた。

「リリー、最近ジェームスと仲よくなったんだね。」

言外に、スネイプに嫌がらせするジェームスをあんなに嫌ってたのに、という皮肉が漂っていたかもしれない。

「ええ。今までのこと反省してるって謝られた。もうセブにかまうこともなくなったし。」

「君とスネイプとは、もう?」

リリーはしずんだ顔になって、周囲を確認してから小さな声で話しだした。

「私6年の時、ずっとセブと話さなかったでしょ?でもきっとセブも反省してくれると思っていたの。『穢れた血』が」

いったん口をぎゅっと結んでから、意を決したように続けた。

「その言葉が私たちマグル出身にとってどんなにひどいことなのか、その言葉のもとにデスイーターたちのしていることがどんなに呪われたことなのか、わかってくれると思っていたのよ。だって、セブと私はマグルの町で知り合って、その時からずっと友達で、私のマグルの血をセブが貶めたことなんて一度もなかったもの。」

「そうか、君たちホグワーツに来る前から友達だったんだね。」

「うん。それで夏休みに家の近くで会って話そうと思ったの。きっとセブは反省していて、また友達に戻れると思ったから。でも会えなかった。」

「?」

「いつもの公園に何度も行ったけど会えなくて、セブの家を訪ねてみたのよ。だいたい場所はわかってたから。そうしたらセブのお母さんが、セブは帰ってないって言うの。友達の家に招かれたんだって。」

「スネイプにそんな親しい友達いたっけ?つまり、君以外に。」

「マルフォイ。ルシウス・マルフォイ。」

「ルシウス・マルフォイって、あの、5年上のスリザリンのプリンス?」

「うん。私新学期が始まってから、セブと話そうと思って。スリザリンの教室に行ってセブを呼んでって言ったら、スリザリンの女の子から、セブルスはマルフォイ先輩のお気に入りだから、もう私みたいなグリフィンドールとは話さないって言われた。マルフォイの、、、恋人だって噂なんだって。」

え?スネイプってゲイなの?

という質問が思いっきり浮かんだけど、涙ぐんでいるリリーを見てなんとか飲み込んだ。

ルシウス・マルフォイとスネイプ。頭の中で並べてみると、、意外に似合っていた。マルフォイはゴージャスな男だ。上品で自信に満ちて力強いマルフォイに、ひっそりと寄りそう細身のスネイプ。2人とも聡明で、きっと高度な闇の魔法の話でもしてるんだろと揶揄したつもりが胸が痛んで、一瞬、突き刺さるようなその痛みに驚いて目をしばたかせた。

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

ルーピンの物語6

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)

6年生になると、ジェームスたちの『いたずら』は、ややおさまったように見えた。シリウスは相変わらず「やろうぜ」と言うこともあるけど、ジェームスは派手に人目につくことは避けようと決めたらしい。僕らを含む4人で計画的に嫌がらせすることはなくなった。スネイプと顔を合わせれば杖を向けあっているようだけど、一対一でやり合っている分には、どっちもどっちだし、僕が居たたまれない思いをすることもない。それはいいけれど。

スネイプはたいてい一人で、にらみつけるように本を読んでいた。たまにスリザリン生と一緒にいるのを見かけるとそれはデスイーターになると言われているグループで、僕はジェームスたちの、いや、僕らのしたことが原因で、スネイプをますますそちらに追いやったのではないかと気がかりでならない。気になってたまらず、ジェームスの眼を盗んでリリーをつかまえてみた。

「ねえ、リリー、スネイプのことなんだけど、最近どうしてるか知ってる?」

「スネイプとはもう絶交したから、私は何も知らないわ。」

きっとした目で、身構えるように答える。

「だけど君はずっとスネイプの友達だったし、スネイプがあんなこと言ったのは逆上してたからだってわかってるよね?」

「リーマス、ジェームスに何を言われてきたか知らないけど私はもう」

「ジェームスに言われて来たわけじゃないよ。スネイプが、その、ちょっと心配で。」

「心配?あなたたちがスネイプを心配してるですって?」

「だから、僕だけだよ。なんか僕たちのせいでスネイプがデスイーターになってしまう気がして。」

探るような目を向けた後、リリーはふっと肩を落として言った。

「セブは闇の魔法が好きなだけなのよ。でも根は悪い人ではないわ。孤独でちょっと変わってるし、間違うこともあるけど、まじめで、まっすぐで、やさしいところだって」

「知ってるよ。だから心配してるんだ。僕には勇気がなくてジェームスたちを止められなかったけど君は・・。」

「そうよ。いつもかばってきたわ。でも、私がかばえばかばうほどセブがいじめられるから。それに、セブにも頭を冷やして考えてもらいたいの。デスイーターがマグルにどんなひどいことをしているか。だってもともと私たちは」

ちょうどジェームスたちがやって来て、リリーは口を閉じた。

「リーマス、リリーと何話してるんだよ?」

「ちょっと魔法薬学を教えてもらってたんだ。」

「エバンズと仲良くするとジェームスにやきもちやかれるぞ~」

シリウスが僕に抱きついてきながらからかって、リリーはつんと顔をそむけて去って行った。

それまでと比べると平和に時は過ぎ、去年のような大きな事件もないまま6年は終わった。

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

ルーピンの物語5

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)

『暴れ柳事件』は結局、何者かに襲われたスネイプを、ジェームスが命をかけて救ったという話になって終わった。

その後ジェームス、シリウスの2人とスネイプの仲が改善してくれることを願ったけれど、そんなことにはならなかった。2人はつきまとうスネイプを懲らしめたくらいに、本気で思っているようだし、スネイプは2人に殺されかけたと思っているのだから、改善するはずなかった。

2人がスネイプに『いたずら』を仕掛けるたびに、僕は前よりもっと、いたたまれない気持ちだった。2人にやられたときに、スネイプが一言、2人の仲間は人狼だと言ったら、生徒たちの一部は、いや大半が彼らを見る目は変わるだろう。ホグワーツに来る前、僕をかばってくれた人たちが、まるごと排斥されたように。

だけどスネイプは何も言わない。そのつもりかどうかは別として、僕を守っていてくれる。そして僕は、、、目を伏せるばかりだ。

数か月後のOWL試験の後、ひどいことが起こった。

ジェームスたちが、答えあわせに熱中して油断していたスネイプの杖を飛ばし、踝を空中につり上げて、おおぜいの生徒たちの面前で辱めたのだ。スネイプは抵抗もできず空中に逆さ吊りにされ、てローブの裾が堕ち、洗いざらして古びた下着が露わになった。ジェームスが「パンツも下ろそうか~?スニベルス」と言って杖を向け、集まってきた生徒たちは笑いながらどよめいた。

僕はスネイプを見ていられなかった。スネイプは僕に気づいているだろうか?グリフィンドールの監督生として、止めなきゃいけない。罰を与える権限だってあたえられているんだ。立ち上がって、立ち上がって。スネイプを守らなきゃ。だけど、どうしても立ち上がれなかった。

そのとき、リリー・エバンズが走り出て、ジェームスの杖を飛ばした。

「恥を知りなさい、ジェームス・ポッター!」

その時。

「引っこんでろ!お前みたいな『穢れた血』にかばってもらいたくなんてない!」

スネイプの叫びに、リリーは顔を歪めて走り去っていく。

ことの成行きに静まり返る生徒たち。シリウスが杖をひと振りしてスネイプを地面に落とし、みんな引き上げて行った。

振り返ると、数人のスリザリン生に助け起こされながら、スネイプがうつろな目でこちらを見ていた。たぶん、リリーの姿を追っていたのだろう。1年生のころ、よく手をつないで歩いていた、小さな赤毛の女の子と黒髪の男の子の姿が浮かんだ。たぶんスネイプは、怒りと屈辱で、一瞬我を忘れたんだと思う。

夜、一人ベッドで鬱々と考える。どうしてあんなひどいことができるんだろう?残酷なジェームスもシリウスも嫌いだ。2人に媚びてスネイプの悪口を言いたてるピーターも嫌いだ。面白がって見ていた生徒たちも。

だけど、一番嫌いなのは、弱い僕自身だ。止めるべきだった。監督生としても、スネイプの友達、そうだ、友達としても。もし僕が止めていれば、リリーが出る必要はなかったし、スネイプも逆上してリリーに暴言を吐くこともなかった。

今日の僕は、叫びの屋敷で見せた醜い獣の姿より、もっと醜かった。醜くて臆病な卑怯者だった。だけど僕はどうしても、この、初めてできた友達から離れることはできない。一人ぼっちの、人狼のリーマスに戻りたくない。

数ヶ月前の満月の翌朝、スネイプが癒してくれた傷の場所をなでてみた。スネイプは獣に変わる僕を許してくれたけれど、今日の、この卑怯な僕を許してくれることはないだろう。僕自身が許せないのだから。

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

tag : スネイプ リリー ルーピン ハリーポッター

プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。