スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブルスとルシウスの物語(6)

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)


「セックスというのは単純な快楽だけではないよ。実はなかなか複雑なものなんだ。」

幾夜か体を重ねた後、ジャン・ピエールが話し始めた。ピロートークにはふさわしくない真面目な顔で。だがボクは彼とかわす大人びた会話も気に入っていた。

「どういう意味だ?キミはまったく貪欲に快楽を追い求めていたように見えたのだが。」

「僕とキミとの交わりでは概ねそんなものだが。それでも、あとわずかでフランスに帰り、キミとの交わりが絶えることを思うと僕は寂しいよ。」

「キミは帰ってしまうのか。それはボクも寂しいな。」

「そう言われると嬉しいね。つまり僕たちのセックスには感情が絡んでるってことだ。」

「エスコートクラブの魔女たちには感じなかった。」

「そう。彼女たちとの交わりに絡んだのは、感情ではなくて金さ。金を払って快楽を得るもっとも単純なパターンだ。金に困らない僕たちは好きなだけそれを味わえるのだけど、感情が絡むセックスとなると事はそう簡単にはいかない。それだけ味わいも深いのだけどね。」

「たしかに、こうしてキミといるのは、エスコートクラブでのことと違う感じがする。」

「キミがそう思ってくれたなら嬉しいよ。僕なんて、数年前からキミが大人になるのを待っていたんだぜ。」

「告白しているのか?」

「そうとってくれていいよ。キミの高貴な美しい顔がどんな表情を浮かべるかとか、どんな姿態をとらせようかとか、妄想してたんだ。だから念願かなってキミを抱いた時の感慨もひとしおというものさ、わかるだろう?」

「悪趣味なヤツだ」

「そう言うなよ。キミを手放すことを思うと泣きたいばかりさ。まったくキミは素晴らしいから。」

「そう思うなら手放すな。ボクはキミと離れたいなんて思っていない。」

「だけど僕はフランスに帰らなければならない。キミだって夏休みが終わればホグワーツに戻るだろう?」

ボクはジャン・ピエールの体を抱き寄せて、それから2人で交わした会話を思い、こんな時間がもう終わりに近づいていることを許しがたく思った。楽しかったホグワーツの生活がつまらないものに思えてくる。欲しいものが手に入らないなんて、そんなことにボクは慣れていない。

「そんなの、いやだ。」

抱き寄せた腕に力を込めると、ジャン・ピエールはボクに軽いキスをして言った。

「僕だっていやさ。だけど現実的に考えて割り切るんだ。感情が絡むセックスというのは、ある意味カラダも心も相手に与えるということ。だから時に執着を生み、執着が強すぎるとそれに支配されてしまう。セックスには、時に、富や地位と同じように、人を支配する力があるんだよ。キミは何かに支配されるのなんて、いやだろう?」

「もちろんだ。ボクは支配する者であって、される者ではない。」

「それでこそキミらしい。合理的に考えることさえできれば、支配されることなく楽しむことができるよ。そればかりか、利用することもできる。思慕と快楽を与えた相手はもとより、嫉妬や恥辱や恐れのようなネガティブな感情の絡むセックスだって、、、」

「相手を支配する力を得られると?」

「その通りさ。」

「それはわかったが、、、キミのように執着できる相手を失うのはやはり残念だ。」

「嬉しいな、ルシウス。それは僕の告白に対する返礼と受け止めておくよ。離れたって僕らは心を許せる友達さ。キミが僕に執着を感じてくれるのは、僕が感情がらみの初めての相手だから。これからキミは自分でそんな相手を見つけたり育てたりしていけばいいんだ。そんな相手を見つけたら話してくれよ。僕も手紙を書くから。」

ボクはうなづいて、それからジャン・ピエールとのように楽しめる相手を頭の中で探してみた。寂しいと思ったところで、彼が言うとおりボクはまもなくホグワーツに戻るのだから。だが親しい仲間たちを考えても、何かと近付きたがる女子たちを考えても、単純な快楽以上を望めそうな相手は思いつかなかった。

「キミが言うとおり、感情がらみのセックスとなると、ことは簡単ではないな。」

ため息交じりに言うと、ジャンピエールが笑いながら言った。

「キミはほんとに合理的だね。さっそく割り切って僕の代わりを考えてみたんだろう?急ぐことはない。探す過程も楽しいものだぜ。キミはこのことを知ったばかりなのだから、いろいろ試して楽しめばいいのさ。幸いキミは相手の性別かまわず楽しめるようだし。」

「男でも女でもよいのは幸いなことなのか?」

ボクが言うと、ジャンピーエルは探るような目でボクを少し見た。

「、、、キミに話してもよいものかどうか考えていたのだけど。」

饒舌なジャンピエールの口ごもる気配に少しいら立った。ボクを子供扱いしているのか?

「何のことだ?ボクたちはいろいろと話して楽しめる友達なのだろう?」

「ああ、ルシウス。だけどキミの家の事情、父上に関わることだから。いづれ誰かの口から耳に入るだろうから僕が伝えておくのがよいと思うのだけど。」

「そう思うなら話してくれ。ボクも他の者よりキミの口から聞きたい。知らぬところで家の事情をあれこれ言われるのはおもしろくないことだ。」

「キミの父上、マルフォイ氏の性的志向のことなんだけれど。つまり、、、女に興味を持てないらしい。」

「それが問題なのか?女に興味が持てないなら男と寝ていればいい。父上はなんだって自分の思い通りにできる方だ。」

「それはそうなんだけどね、マルフォイの血をひく跡継ぎを得るには問題だったのさ。」

「跡継ぎ?でも、、、ボクがいる。」

話が突然ボク自身のことに及ぶことに気づき、少し狼狽した。亡くなったばかりの母上の幸せとは言えない日々も頭をよぎり、なぜか急に自分が幼い子供のように頼りなく感じられた。そんな表情が現れたのだろうか。ジャンピエールはそっとボクの髪を撫でた。

「少し長い話になるよ。誰が悪いわけでもないけれど、悲しい話なんだ。貴族の家では血を継ぐこと、婚姻により家同士を結ぶことがとても重視される。だから子供が年頃になると結婚の圧力がかかる。僕もそうだけれど、成人するのを待ち構えたように、周りが縁談をせきたてるんだ。マルフォイ家もしかり、キミの父上も20になるかならないかで最初の結婚をした。」

驚いて目を見張るボクにうなづきながら、ジャン・ピエールは話を続ける。

「当時マルフォイ家は今ほどの勢いはなかったけれど、マルフォイ家以上の名家と結ぶ縁談だったそうだよ。けれどその良家から来た花嫁は数カ月もせぬうちに実家に帰ってしまった。マルフォイ氏が夫の役割を果たせないのだと言われた。昔は今以上にゲイに対する偏見が強かったから、それが明らかになれば揶揄や嘲りの対象になった。なんとなく想像はつくね?

お父上はその後長いこと結婚することなく、権力や財を蓄えることに力を注いで、マルフォイ家は名家にのし上がった。男色と陰口を叩かれようが、気にする必要もないほどの富と力を得たわけさ。そうして50も近くなった頃、跡継ぎのことを考えたのだろうね、キミの母上を迎え入れた。古い貴族の家だけれど、落ちぶれて困窮した家の娘さんだったそうだ。まだ年も若く、当時のマルフォイ家の事情など知らぬまま嫁がれたのだろう。そして1年も過ぎぬうちにキミが生まれた。飛ぶ鳥落とす勢いのマルフォイ家に跡継ぎが誕生したことは、貴族界の大きなニュースになったそうだよ。」

「それなら、父上は問題を克服されたということだろう?」

「ああ。けれど当時は陰であれこれ言われたそうだ。怪しげな魔法薬を使ったとか、魔術で一時的に女体を男に変えていたのだとか、中には父親はマルフォイ氏の恋人なのだとか、やっかみ半分にあれこれとね。でも今のキミを見ればわかるように、そんなことは一切なく、お父上は健康で優れた血筋を伝えるために最大の努力をされたのさ。そして言われもない中傷がキミを傷つけないように、完璧な跡継ぎ教育をされた。けれどお母上に対しては、、、もうそれ以上の努力はできなかったのだろうね。若い母親は当然のように、夫に愛され、ともに子を慈しむ温かい家庭を望んだのだろうけど。」
 
疎まれ、壊れて、忘れ去られた人形・・・。事情がわかればなおさらに、生前の母上が哀れに思えた。

「母上は、、いっそ家を出れば幸せになれたかもしれないのに。」

「そうなんだ。マルフォイ氏は、愛し求めることはできなくても、跡継ぎを産んでくれた若い妻にそれなりに報いたいとは思っていたはずだ。家を出るといえば暮らしに困らぬだけの援助はしただろうし、マルフォイ家の奥方として贅沢に遊んで過ごしたいといえば許しただろう。家名を傷つけるほどのスキャンダルを起こさなければ恋人の存在さえ黙認したと思う。

だけど実際には、社交の場に連れて出ると人前でなじられたり、突然泣かれたりして、ほどなく母上が公けの場に出ることは一切なくなってしまったそうだ。現実を受け入れて、キミの言うような合理的な判断ができる強さがある女性ならよかったのだけれどね。あるいは誰かの助けがあれば。けれど貧しい実家に頼ることもできず、孤独に心を病んでしまったのだろう。」

「、、、。話してくれてありがとう、ジャン・ピエール。今日は一人で静かに考えたい。」

気遣うようなジャン・ピエールの目を感じながら、ボクは自室に戻り、幼い頃の思い出をたどった。事情がわかれば不思議に思ったことも合点がゆく。共に子を為した父上と母上は、その後同じ屋敷で互いに関わらぬ別の道を歩んだのだった。父上は得られるものを得ることに力を注ぎ、母上は得られぬものを求めて嘆き、同じだけの交わらぬ年月が過ぎた。

母上がはかない生涯にただ一つ遺したマルフォイの血。偏見を跳ね返し父上が築き上げたの富と力。ボクはそれを受け継いで生きていく。それらを守り、強め、存分に享受して。

それからまもなく、ジャン・ピエールは別れを惜しみ再会を約束してフランスに帰っていった。長い夏休みが終わり、少し大人になってボクはホグワーツに戻った。


スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

セブルスとルシウスの物語(5)

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)


ジャン・ピエールに連れられて小さな門をくぐると、予想外に広いホールに通じていた。豪華な家具が置かれ装飾が施されているが、どことなく猥雑な印象もある。派手な身なりの美しい魔女が、にこやかにほほ笑みかけてきた。

「ここは?」

ジャン・ピエールに問いかけた。

「イギリスきっての高級エスコートクラブさ。売春宿とも言う。キミは15歳になったんだよね?そろそろ興味を持つ年頃だろう。経験は?」

ボクは少し赤くなったかもしれないけど、恥じらいよりも好奇心が先に立つ。ホグワーツでは女の子の誰それがかわいいとか、イケてるとか、そんなことばかり話してるヤツもいたし、男だけで集まってその種の雑誌を見たこともある。だけど。

「興味はあるけど、経験はない。」

できるだけそっけなく、ボクは答えた。

「キミならさぞかし魔女たちにもてるだろうけど、ここなら後腐れもめんどうもなく極上の魔女と楽しめる。大人の楽しみへの入口さ。もし興味があるなら遊んでみるかい?」

ボクがうなづくと、ジャン・ピエールは派手な身なりの魔女に何やら話しをした。待つほどもなくブロンドの巻き毛のミニスカートの魔女が現れて、ボクを奥の階段に誘った。振り返るとジャン・ピエールは、脚のきれいな黒人の魔女と唇を重ねていた。

ニ階に並ぶ一室に入ると、ブロンドの巻き毛は僕をソファに座らせて、飲み物を渡してくれた。

「私はアフロディーテ。なんとお呼びすればよいかしら?」

「ルシウスと。」

「はじめまして、ルシウス。とても高貴な方だとうかがっているわ。ご希望があればおっしゃって。もしなければ、お任せくださる?」

僕が首を振ると、魔女の柔らかい手が近付いて僕の頬を包み、唇をふさがれた。魔女の細い指先がボタンをはずしてゆき、鼻を突く甘い匂いに身を任せた後のことは夢心地のまま、我に返るとベッドの上で果てていた。

「素敵だわ。美しいカラダ。」

耳元で囁きながら、魔女が汚れを清めていく。休む間もなく再び力を増した僕は、今度はアフロディーテの上に乗ってみた。嬌声を上げながら、魔女は器用に僕を導いていった。

バスルームで丁寧に体を洗われた後、身なりを整えて一階に戻ると、にやにやしながらジャン・ピエールが待っていた。

「ルシウス、どうだった?楽しかったかい?」

「ああ。」

ボクもわれ知らず笑顔になる。頭が空っぽになり、カラダがすっきりと軽い。翌日も、またその翌日も、ボクとジャン・ピエールはエスコートクラブに出かけた。食事をしていても、教科書を開いていても、魔女の甘い匂いや姿態が頭を離れず、体の芯が固くなる。初めて性の快楽を知れば、誰もそんなものだと思う。夜ごと繰り出し、雑誌で見た体位を試したり、アフロディーテが持ちだした媚薬を使ってみたり、初日にジャン・ピエールの相手をした黒人の魔女を抱いてみたりした。

そうして2週間ほどが過ぎた頃、ジャン・ピエールの泊まるゲストルームに招き入れられた。

「今日は出かけないの?」

「今日はここで過ごそう。」

訝しく思いながら、導かれるままにソファに並んで座った。

「すっかり楽しんでいるようだね、ルシウス。だけど、楽しみは魔女だけではないよ。」

初めての日のアフロディーテのように、ジャン・ピエールが手を伸ばし、ボクの頬を包んだ。

「なにをするん、、」

最後まで言えぬうちに唇がふさがれていた。

「男同士でも楽しめるのだけど、キミは嫌かい?」

情欲の揺らめくブルーの瞳にのぞきこまれて、ボクは息を飲んだ。

「快楽には貪欲でなければ。キミが嫌ならやめるけど。」

戸惑いよりは好奇心が勝った。さからわずにいると、ジャン・ピエールは唇を首筋に這わせながら、ボタンをはずしていく。アフロディーテよりも少し乱暴な、男の手。

「まあ、いいさ。物は試しだ。」

「嬉しいことを言うね、ルシウス。」

ほんとうに嬉しそうに、ジャン・ピエールがボクに覆いかぶさって来た。新しい刺激に、わずかに痛みを伴う新しい快楽。果てて目を開けると、ジャン・ピエールの顔に、愉悦と勝利にも似た満足気な笑みが浮かんでいた。エスコートクラブの魔女たちにはなかった表情だ。しばらくの休息の後、ボクは隣に横たわるジャン・ピエールの胸に手を伸ばした。

「今度はボクの番だ。」

ジャン・ピエールの顔に一瞬浮かんだ戸惑いが、快楽に溶けてゆく。やがてうめき声が漏れると、ボクのカラダに快楽の波が押し寄せた。

「悪くないな。」

「悪くないだろう?」

果てた体をベッドに投げ出したまま、この数週間の出来事を思った。母上の死、女との交わり、男同士の快楽。一気に大人になった気がする。スリザリンの寮室で、クラッブやゴイルたちとたわいない会話に笑い転げたのが、ずっと昔のことに思えた。


テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

セブルスとルシウスの物語(4)

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)


その一件以来、ボクは母上の部屋を訪れることを禁じられ、ホグワーツに来てからは母上のことを思いだすことすらほとんどなくなった。

4年生の学年末に母上の死の知らせが届き、急ぎ家に帰ると、久しぶりに見る母上は、数え切れぬほどの白いバラの花に飾られたベッドに、小さく横たわっていた。透けるほどに白い頬に手を伸ばすと、指先が凍えるほどに冷たく、たしかに命の炎が消えたことを伝えていたが、果たしてこの人は生きていたことがあったのだろうかと思うほどに母上の命は定かでなかった。

盛大に行われた告別式には多くの弔問客が訪れ、涙を浮かべながらボクを励ましてくれる人もいた。うつむいて曖昧な会釈を返して1日が暮れた頃、突然耳元で囁かれた。

「キミは悲しくないんだろう?」

振り返ると、驚くほど近くにジャン・ピエールの黒い巻き毛が揺れていた。遠縁のフランス貴族、モンタギュー家の長男。父親同士は長く親交があり、ボクたちも何度か会ったことがある。ボクより3歳ほど年上のはずだ。

「ジャン・ピエール、母を亡くして悲しまぬはずないだろう?」

「だが悲しみが湧きあがらないからとまどっているのだろう、ルシウス?」

ジャン・ピエールのブルーの瞳に、わずかに共犯者めいた笑みが浮かんでいる。演じなくてもよい、ボクたちは同類だと瞳が告げる。ボクは肩をすくめて見返した。

「悲しくないわけではない。ただ、あまり母上と話すこともなかったから。」

「キミの家の事情は知っているよ、たぶんキミよりもね。」

「ボクの家の事情?」

「そう。たとえば、キミの麗しい母上が、生前は壊れた人形のように、疎まれ忘れ去られていたこととか。」

声を潜めてジャン・ピエールと話すうちに、悲しみが込み上げてきて唇を噛んだ。突然ベッドから身を起こし、ボクを罵った母上、ポツンとベッドに横たわっていた姿、遠い昔の優しい笑顔・・・。

「悲しくなったみたいだな?」

「ああ。キミのせいだ、ジャン・ピエール。」

「それでいいじゃないか。キミは母上の死を心から悲しみたかったのだろう?キミの母上はキミを産むためだけに生きたようなものさ。悲しんでやれよ。僕はキミの美しい瞳に涙が滲むのを見たかったのさ、ルシウス。」

ジャン・ピエールがまた口元にわずかな笑みを浮かべて言った。気がつくとボクは泣いていた。


母上の葬儀が終わり、集まった多くの人たちが帰ると、屋敷には元通りの静けさが戻った。そのまま夏休みに入ったからボクはホグワーツに戻ることもなく屋敷にいたのだが、数日が過ぎた頃、ジャン・ピエールが部屋にやってきた。

「ルシウス、元気になったかい?」

「ジャン・ピエール、なぜここに?」

「僕はゲストルームに泊めてもらっていたのに気づかなかった?」

「なぜ泊まっていたのだ?」

「キミと友好を深めたくて。フランスに帰っても退屈なだけだしね。ボクたち貴族の若者にとって、退屈ほど厄介なものはないだろう?」

「勉強はしないの?」

「キミは優等生なんだな、ルシウス。」

「バカは嫌いだ。」

「僕もバカは嫌いさ。キミのように優秀で誇り高い友人と夏休みを過ごしたいと思ったまでさ。元気になったなら、勉強をすませて夕方には出かけよう。ロンドンにはいい店があるようだよ。」



ジャン・ピエールに連れられて行ったのは、ロンドンの高級レストランだった。

「ロンドンに来てフランス料理というのも芸がないけど、イギリスのディナーは口にあわないんだ。料理と呼べるほどのものがないからね。イギリス人のキミには悪いけど。」

「マグルのレストランなんて。何を考えているんだ、ジャン・ピエール?」

「ルシウス、マグルの文化はそう捨てたもんじゃないぜ。一人ひとりは劣っているけど、彼らには数の力がある。ここは数多いマグルの中から選り抜きの者が集まってよい料理を提供しているのさ。僕らはそれを享受すればいい。魔法界にはない食材もうまく使っているよ。」

食べてみるとたしかに、ホグワーツの食事とは違う洗練された味わいがあった。タイミングを見計らいながら空いた皿を下げたり料理を運んでくるマグルの給仕に聞きとられぬよう、声をひそめながら会話を続けた。

「料理は確かに悪くないな。だがマグルなど力を持たぬ汚らわしいものだ。杖の一振りで生かすも殺すもボクの自由になる。それも知らず自らの下劣さを認めもしない、、、」

「ははは、ルシウス、勇ましいことを言う。でもここでは杖を振らないように願いたいね。キミが隣のテーブルのマグルに杖を振ったとする。たしかに彼らはあがなう術もなくキミの意のままさ。だけど次の瞬間、他の者たちや、通報で駆け付けるポリスという専門家たちに取り押さえられるだろうね。そしてその後は。」

「魔女狩りか?」

「さすがだ、ルシウス。マグルは仲間内では富の差だの民族の違いなどで小競り合いを繰り返すが、異端たる魔法族に対しては団結して弾圧する。魔法族が彼らにない力を持つからこそ、恐れ、妬みと憎しみをたぎらせて袋叩きにするというわけさ。中世の魔女狩りに用いられた拷問器具には、肉体を痛めつけ、精神を辱める様々な工夫が凝らしてある。拷問の挙句に、魔女は火あぶりにかけ、子孫を残せぬようにした。」

「まったく穢らわしい者たちだ。そのような弾圧はマグルにこそふさわしい。力ある魔法族がマグルから身を隠さねばならないなど、バカげたことだと思わないか?」

「その通りさ。イギリスでは、世を変えて、魔法族によるマグル支配を目指す動きがあるときいているよ。グリンデンバルド以来の力ある魔法使いの、、」

「ヴォルデモード卿だ。魔法族の血を尊び、純血魔法使いによる魔法界とマグルの支配を説いている。」

「大陸の魔法族もイギリスの動きを注視している。彼らは勢力を増しているのだろう?」

「ああ、そのようだ。ボクは詳しくは聞いていないけれど、父上はヴォルデモート卿と知り合いのようだ。」

「当然そうだろう。イギリスの魔法界で力を得たいならマルフォイ家の支援は欠かせないはずだし、力を得るものを支援しその力を利用するのが貴族のあり方だ。そうできなかった貴族はすでに没落しているからね。キミの父上はまったく素晴しい方さ。一地方の貴族に過ぎなかったマルフォイ家を、お父上一代で最も富裕な名門貴族に育て上げたのだからね。」

「キミもマルフォイ家との繋がりを強めようとボクに近付いているわけか?」

「もちろんそれもあるさ。力ある者とのコネクションが一門の繁栄には欠かせない。そうやって地位を維持してきた貴族の血が僕にも流れている。キミにもね。だけどそれだけじゃないよ、ルシウス。僕はキミが好きさ。こんなふうに、同じ立場で本音を話してわかりあえる相手は多くはない。ボクたちは圧倒的な少数派なんだ。マグルはもとより、一般の魔法族と比べても。少数派が力を維持しさらに得るには、信頼できる力ある者との友好が欠かせない。僕はキミとそんな友達になりたくてね。キミには尊敬し信頼できる友と呼べる人はいるかい?」

ボクは周りの友人たちの顔を思い浮かべてみた。クラッブやゴイルたち。いつもボクの周りを取り巻いているホグワーツの仲間たち。一緒にいて愉快だが、それだけだ。たしかに、ジャン・ピエールのように、興味をひかれる会話を楽しめるような者は思いつかない。

「ホグワーツにはたくさん仲間がいる。」

「でもキミにとっては物足りない。友達というより取り巻きなんだろう?」

言いながらジャン・ピエールがテーブルの上に手を伸ばしてきた。ボクは笑いながら手を重ねた。

「いいだろう。キミは友達だ。」

「嬉しいね、ルシウス。キミもこれから信頼できる友達を見つけて育ててゆくだろうけど、僕が最初の友達だね?」

「そういうことだ。」

「気があったところでコースも終わりだ。では次の場所に行って楽しもう。もっと友情を深めて、それからキミの家やお父上の話をしてあげるよ。」

レストランを出ると、ジャン・ピエールはボクを連れて魔法界の小さな門の前に立った。


テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。