スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブルスとルシウスの物語(8)

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)


温室の裏から禁じられた森に続く林。小路からそれた岩陰に着いて、僕は腰を下ろした。ここはほとんど人の来ない秘密の場所。放課後の木漏れ日を見上げて幸せがこみあげる。

やっとホグワーツに帰ってこられたんだ!

昨日の入学式を終えて、今日から2年生の授業が始まった。


「セブ!セブ!」

リリーが手を振りながら、息を切らして走ってきた。

「授業のあとで友達に話しかけられて遅くなっちゃったの。待った?」

「ぜんぜん。僕も今来たとこだよ。」

「ビンズ先生の授業ときたら去年と同じ、教科書を読んでいるだけなの。眠いのを我慢するのに苦労するわ。」

リリーがハンケチで汗を拭いながら言った。僕もローブの袖で汗を拭った。木立の中とはいえ、僕も待ちきれなくて急いで歩いた後だから、少し汗ばんでいる。

「セブったら、夏なのにローブのボタンをきっちりとめて。こうしたら涼しくなるわよ。」

リリーが僕のローブの袖口のボタンをはずして、止める間もなく袖をめくり上げた。

「・・・!」

驚いてリリーが息をのんだ。手首に残る、黒いあざ。内出血のあと。

「なんでもないんだ。」

僕はあわてて袖を戻そうとしたけれど、リリーはそれを押しとどめて、肩まで袖を上げていった。リリーの顔が、泣きそうに歪んでいる。

「なんでもなくはないわ、セブ。腕があざだらけじゃない。血が出てるとこもあるわ。お父さんに叩かれたの?」

僕は小さくうなづいた。こんな自分が情けなくて、いたたまれない。夏休みに帰った家で、父さんは前にも増して荒れていた。僕は目に付かないようにできるだけ小さくなって過ごしていたのだけど、些細なきっかけで、時にはきっかけすらないまま、何度も殴られた。

マグルの酒飲みなんて、杖の一振りでどうにでもできるけど、僕はずっと我慢した。我慢していればホグワーツに戻れるんだから。でも翌日はついに戻れるというその夜も、物乞いでも魔法でも使って酒を持って来いと絡まれた。ホグワーツの生徒は校外で魔法を使ってはいけないんだと言い返したら、この役立たずの化け物がと、腕をつかんで引きずり回された。あとはなんとか顔を傷つけられないように防いだことしか覚えていない。

体中の痛みに気がつくともう明け方で、母さんに出かける準備をするよう促された。ホグワーツに戻る準備などもう何日も前にしてあったから、出発までの間僕は一生懸命治癒呪文をかけて傷をふさいだ。自分では背中の傷はどうしようもなかったけど。母さんは僕の頭を撫でたきり、何もいわずにキングスクロスの駅に送ってくれたのだった。

「ちょっと腕をつかまれただけだよ。」

言いながら袖を下ろすと、リリーがボタンを留めてくれた。

「魔法薬を作ってあげる。痛み止めと内出血を早く治す薬よ。ほら、あそこのマジカルミントを使えば、授業で習ったより効き目のいいものを作れると思うの。この林の植物には不思議な力があるって感じるのよ。スラグホーン先生に実験室を使わせてもらえるように頼んでみるわ。」

「キミが言えばスラグホーン先生は許可してくれるよ。魔法薬学の成績、よかっただろ?」

「うん。あたしには魔法薬のひらめきがあるって褒めてくれた。実は自分でもそう思うの。でもセブもすごいわ。材料植物のよい物を選び、完璧に処理できる。実験を繰り返して工夫を重ねてゆけるのも尊敬してるのよ。」

「じゃあ、僕たち2人、魔法薬学の優等生だね!」

嬉しくなって、、、体の痛みも忘れるほどに、、、僕は笑いながら言った。

「マジカルミントは日が上がらないうちに摘むのがいいんだよ。明日の朝、僕が摘んでおくから。」

「じゃあその後、朝食の前に一緒に調合しましょうね。戻ってスラグホーン先生にお願いしなきゃ。もう行きましょう、セブ。」

僕たちは手をつないで林の小路に戻り、城に向かった。リリーとホグワーツ。ホグワーツとリリー。僕の宝。僕のすべて。ホグワーツでリリーとともに歩く。足取りは軽くなり、自然と頬がほころんだ。夏休みの2ヶ月間ほとんど忘れていた、弾む心。


その時。

突然何かが飛んできて僕の頭に当たった。それはどろりと溶けて、髪に粘りついた。泥の固まりと、中にねばねばと粘つく緑色の粘着玉。手で拭うと接着剤のように指にくっついて離れない。

「ポッター!ブラック!何をするのよ!」

リリーが叫んで杖を上げていた。

「やーい、スニベルス。泣きみそが泣きべそかいたぞ!」

「べったり髪を洗えよ!洗ってもベッタリは直らないけどな。」

誰もいなかった小路の向こうを、グリフィンドールのバカ達が僕を指差して笑いながら逃げていった。ポッターとブラック。入学前のホグワーツ特急から、僕に絡んで嫌がらせをする最低なヤツら。さっきまで気配もなかったのに、、、悔しさに唇を噛んだ。

ヤツらは実にすばしこい。いつも突然現れて奇襲をかけてくる。気をつけているときも急に押し倒されたり、落とし穴に落ちたり、今日みたいに物を投げつけられたりする。

「汚れよ、消えよ!」

リリーが清浄の呪文をかけてくれていた。まとわり着いていたネバつきがとれて、少しすっきりした。

「最低のヤツらね。セブ、大丈夫?夕食の前にシャワーを浴びたほうがいいわ。呪文では表面の汚れが消えるだけだから。」

「うん。そうするよ。」

「それじゃ、明日の朝にね。あたしも一緒にミントを摘みに行くから。」

手を振りながらグリフィンドール塔に向かうリリーを見送って、スリザリン寮に帰った。リリーに言われたとおりシャワーを浴びようと思ったけれど、シャワールームの扉の中から声がする。誰か使っているんだ、、僕はため息をついて自室に戻った。

こんな、あざだらけの体を人に見られたくない。リリーには腕を見られただけだけど、腕だけじゃない。背中もお腹も、脚だって、殴られたり蹴られたりしてできた内出血や傷痕だらけなのだ。こんな体を見られたら、僕が親から虐待を受けるダメな子供だと軽蔑される。そして万一、人に知れたと父さんが知れば、もっと酷く殴られて、最悪、ホグワーツを止めされられるかもしれない。なんとしても隠さなければ。

ローブのボタンをきっちりととめ直して、夕食を済ませた。周りではスリザリンの仲間たちが夏休みの出来事を楽しそうに話していたけれど、僕はききたくもなければ、話すこともなかった。

就寝前は皆シャワーを使うから、シャワーは夜明け前に使うことにした。泥の汚れが残るまま早々にベッドに潜り込むと林での出来事が思い浮かぶ。やさしいリリーを思い、、、それから憎らしいポッターとブラックを思い出して腹がたった。2人ともいつもきれいな服を着て、裕福な家で甘やかされて育ったにきまっている。あんなヤツらとリリーが、今この時も同じグリフィンドール塔にいるなんて。

僕はグリフィンドール塔に囚われたリリー姫を助け出す空想をした。グリフィンドールにたぶらかされた組分け帽子のせいで、リリー姫は間違って野蛮な場所に幽閉されてしまったのだ。豪華な鎧を身に付けた乱暴者のポッターとブラックをなぎ倒し、僕はリリーの手をとって救い出す。リリーはにっこりと笑いかけて僕の手を握ってくれる。

ほんとうの父さんと母さんが僕を迎えに来てくれるのと同じくらい、お気に入りの空想だ。実際には、ポッターたちの嫌がらせから、リリーが僕を助けてくれることが多いけど。今日みたいに。

それから、うずく傷の痛みに耐えながら、もう一つの空想に浸った。ある日マグルの場末のあの家に、お金持ちの夫婦が訪ねてくる。もちろん2人とも立派な魔法使いで、僕のほんとうの父さんと母さんだ。僕は小さな頃にマグルのならず者にさらわれて、2人はずっと探し続けていたのだと言う。寂しかったでしょう、苦労をしたのでしょうと母さんがしっかり抱きしめてくれる・・・

いつから描いていたか忘れてしまうくらい幼い頃からの空想だけど、リリーを知ってから、母さんはリリーを大人にした顔を持つようになった。包み込むような、アーモンド形の緑の瞳がやさしく僕を見つめる。父さんの姿はぼんやりとしているけれど、、、と思っていたのに、いつの間にか薄いブルーの瞳にプラチナブロンドの長い髪が揺れていた。身にまとうローブまでも手触りのよさそうな見覚えのある物になり。

マルフォイ先輩!さすがに子供じみた空想が恥ずかしくなって、僕は毛布に顔を埋めて現実に戻った。明日は早く起きて、シャワーを浴びてミントを摘みに行くんだ。もう寝るよ、と心の中のリリーに声をかけて、僕は眠りに落ちた。

夜明け前にベッドを出てシャワーを浴びると、冷たい水が肌を流れ落ちた。朝はお湯が出ないのだ。少し沁みるとこもあったけど、クリスマス休暇明けの凍りつくシャワーに比べたら、夏の水シャワーはむしろ心地よい。

身支度を整えて急いで城の外に出ると、東の空がわずかに赤らんでいた。走って林に入ると、小路の先にリリーの後ろ姿が見えた。

「リリー!リリー!」

声をあげるとリリーが立ち止まって振り返った。手を振るリリーの向こうに、日の輝きが上る。清らかなホグワーツの朝。夜露を吸ったミントが霊気の力を蓄えているはずだ。僕たちは手をつないで岩陰に向かって走り出した。

スポンサーサイト

セブルスとルシウスの物語(7)

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)


親愛なるルシウスへ

元気にしているかい?キミと過ごした夏がとても楽しかったから、こちらでの日常がいっそう退屈に感じられる。退屈しのぎにパーティに出かけると、そこには親戚の大人たちが待ち構えていて、あちこちのご令嬢を紹介してくるんだ。このままでは19歳にして来年には婚約でもさせられかねない勢いだよ。逃れる意味でも大学院に進むことを考えている。

キミの学園生活の話をききたいな。気に入る相手は見つけられたかな?ふくろう便を楽しみにしているよ。

Love, ジャン・ピエール

~~~

親愛なるジャン・ピエール

ボクは忙しく過ごしていた。5年の学年末にOWL試験を控えているから、その説明や進路に関わる面談があるのだ。その後はクィディッチの試合に向けた練習に明け暮れて、少し前に初戦があった。もちろんボクたちスリザリンの勝利だ!

試合が終わって余裕ができたから、キミとのように楽しめる相手を探したのだが同学年の仲間たちでは子供っぽくて話にならない。寮の個室で自慰に励んでいるようだが、話すのは魔女の誰それの胸が大きいとか言ってはしゃいでいるレベルなのだ。

だから同寮の上級生と『友情』を深めている。細身で黒い巻き毛の、キミに少し似た感じの男だ。7年生ともなればそれなりに経験があるのだろう。誘ったら待っていたとばかりに乗って来た。ボクが抱く側に回ったのは戸惑ったようだが、彼の友達も加わり楽しくやっている。キミとのように知的な深みを感じる話はできないが、いっしょに目立つ子の品定めなんかするのは面白い。

でもボクは今年から寮監督生になったから、悪評が立たないように品行には気をつけている。キミのほうはなかなか大変そうだね。

ルシウスより

~~~

親愛なるルシウスへ

僕が魔女たちのくだらない買い物のおともをさせられている間に、キミはよい思いをしていたのだね。少し妬けるけど、僕に似た相手ときけばなんとなく嬉しい気もするよ。10代の後半は急激に性的に成長する時期だから、十分に楽しむがいいさ。

寮の監督生とあってはあまり羽目もはずせないかもしれないけど、キミのように容姿、知力、『品行』ともに備えた監督生が親切に世話をしてくれたら、下級生は憧れるだろうね。

僕は大学院で芸術を学ぼうかと考えているよ。家にはいろいろとコレクションがあるからそういう品々の価値や歴史に興味があってね。特に闇の魔術に関わる古い品にはそそられる。

寒くなって来たから風邪ひかないようにするんだよ。

Love,ジャン・ピエール

~~~

親愛なるジャン・ピエール

そういえばキミはボクの家でもコレクションを眺めていたな。ボクもそういう品が好きだし、もっと集めたいと思っている。また楽しい話ができそうだ。

ところで、7年生の彼らとふざけて、真面目そうな6年生に誘いをかけてみた。ボクの寮の個室に誘って抱こうとしたのだがひどく抵抗して、男に抱かれるのがよほど嫌だったらしい。魔法で腕を拘束して抱いてしまったのだが、その後思い詰めた顔をして、ボクを見ると隠れるのだ。先生に言いつけられて公けになったら、監督生として好ましくないと思う。下級生たちは皆監督生のボクを尊敬しているようなのに。こういう場合はどう対処すべきだろう?

少し困っているルシウスより
~~~

親愛なるルシウス、

キミの屋敷のコレクションは素晴らしかったよ!また訪ねたいものだ。

真面目な6年生の話だけど、そういう反応のほうがむしろ一般的だと思うよ。意に反して男に抱かれてしまったという屈辱と恥辱で、プライドがズタズタになっているのさ。彼が今もっとも恐れていることは、他の人に知られて嘲笑されること。性意識が高まる年頃だからね、男として認められずバカにされると怯えているのさ。キミを見て隠れるのは、再び奪われるのではないかと心配なのだろう。

だから彼が自分でそれを人に言うことなど心配する必要はないよ。ただ思い詰めるあまり何かバカなことをして、それがきっかけで明かされる可能性があるけど、対処方法は簡単さ。誰にも言わないと言ってやればいい。彼の恥辱はキミと彼だけの秘密にしてやると。そうすれば彼はもうキミに逆らえないさ。そうして抱いているうちに彼が自らの快楽に気づいてしまえば、もう逆らう気も失せてキミの言いなりさ。

まったくご立派な監督生だよ、キミは^^

Love,ジャン・ピエール
~~~

親愛なるジャン・ピエール、

キミのアドバイス通り、立場を明確に示してやった。彼はしばらく落ち込んでいたようだったが、今では理解して、自分も他と遊んだり、たまに不満を言うのもベッドでのじゃれあいのようになってきた。寮の談話室で目配せしたり、なかなかよい雰囲気だ。恋人というほどの思いはかけてないのだが。

しかしいけないのは魔女たちだ。6年生の彼からはボクのほうから言い寄ったのに不誠実だとなじられたから、魔女は言い寄って来た者たちを相手に選んでみた。魔女たちからはラブレターをもらっていたから、その中から気に入った者を抱いてみたんだ。たまにはやわらかい女の体もよかったのだが、、、。

あとがいけない。女というのは図々しいものだな。自分から言い寄ったくせに、しかも一度か二度遊んだだけなのに、当然のように人前でべたついてくる。それにセックスの後で、いきなり婚約はいつにしようなどと言い出す者もいた。最悪なのは、この間談話室で友達と話している時に、1人の魔女がボクの隣に割り込んで座り抱きついて来たら、もう1人の魔女も現れて、魔女2人で席を争ってつかみあいのケンカを始めたことだ。ボクとしたことが、途方に暮れて自室にこもるしかなかった。女とはめんどくさいものだな。

困っているルシウスより
~~~~~

親愛なるルシウスへ

ハハハ、さすがのキミも魔女には手を焼いているようだね。悪いけど笑ってしまったよ。僕自身も魔女対策となるとお手上げに近い状態だから人のことを笑える立場じゃないけどね。

僕には理解できないのだけれど、一部の魔女の頭の中には『寝る⇒結婚』という図式があるようなのだよ。快楽を与えられたことを楯に一生の保障を要求するという、実に手前勝手な言い草だ。キミのように優れた男は狙われやすいんだよ。

魔女に関してボクにできるアドバイスといえば、避妊を確実にするようにということくらいだ。間違えば一度二度の関係でもタックルされるみたいになるのだからね、妊娠されようものならノックダウン確定だよ。そこまでの覚悟ができないなら、魔女には深入りしないで、楽しみたいときにはエスコートクラブに行けばよいさ。

もうすぐクリスマスだね。会えないのは寂しいけど、愛を込めてプレゼントを贈るよ。

Love,ジャン・ピエール

~~~~

親愛なるジャン・ピエール

その後魔女との付き合いはほどほどにして、ステディな関係などまだ持つ気はないと公言した。めんどうなことを言いさえしなければ、美しい魔女たちと過ごす時間は楽しいものだ。

しかしクリスマス休暇に恐ろしい出来事があった。クリスマスには屋敷でちょっとしたパーティがあって貴族が集まったのだが、その中に名門ブラック家の長女がいた。ボクより5、6年上で、ボクがホグワーツの低学年の頃にスリザリン寮のリーダー格だった黒髪の美女だ。名前はベラトリックスという。

パーティのホールで年上の妖艶な魔女が笑顔で近づいてきたときには喜んだのだが、

「マルフォイの坊主ではないか。よい男に育ったな。着いて来い」

とそのままゲストルームの空室に連れ込まれた。部屋に入るなり魔術で裸に剥かれ、さんざん弄ばれてしまった。終わった後は

「なかなか美味かったぞ、ルシウス」

と言い捨てて出て行ったのだが、、、気に入られてこの先ブラック家と縁談などという話にならないだろうか?

ホグワーツに戻れてほっとしているルシウスより

追伸:プレゼント、ありがとう!気に入ったよ。
~~~

親愛なるルシウスへ、

クリスマスはさんざんな目に会ったのだね。そのベラトリックス嬢との縁談が持ち上がらないことを祈っているよ。ブラック家といえばマルフォイ家と釣り合う数少ない名門だから、万一のことがないとも言えないね。そのときにはフランスに避難するといい。いつでも歓迎するよ。

僕のほうは、大学院に進学することを決めて、今専攻を何にしようか考えている。これで親戚からの縁談攻撃がおさまってホッとしているよ。それから、世界旅行に出かけていた恋人の魔法使いが帰国してね、少し忙しくなった。次の夏休みには3人で、あるいはキミの恋人も一緒に4人で会いたいな。

Love,ジャン・ピエール
~~~

親愛なるジャン・ピエール、

キミが恋人と再会できて何よりだ。ぜひ会ってみたいな。ボクのほうは恋人と思うような相手はいない。寝ている彼らは仲間だし、魔女たちも嫌いではないのだが。彼らと恋人とはどう違うのだ?恋人は欲しいけど、束縛されるのはイヤだな。

ルシウス
~~~

親愛なるルシウス、

恋人というのは、何かが特別なんだよ。仲間たちとは楽しいから一緒にいるのだろう?恋人というのは楽しいだけでなくて、たとえば束縛されるようなイヤなことやめんどうなことがあっても、それでも手放したくないとか、なぜか気にかかってしかたがないとか、とにかく何かが特別なんだ。

とても不合理な感情を含むから、合理的なキミにはなじまないかもしれないね。でも、そのうち恋に落ちればすぐわかるさ。誰か気にかかるような人はいないの?

Love,ジャン・ピエール
~~~

親愛なるジャン・ピエール、

たしかに、仲間たちとは楽しくなければ一緒にいようなどという気にはならないな。気にかかる者といえば、ちょっと面白い子がいる。闇の魔術にすばらしく長けているのだ。1年生なのに、瞬時に上級生をやっつける見事な腕前だった。貧しくて社交性がなくて皆となじめないようなのだが、監督生として部屋に招いてやったら、黒い瞳をキラキラさせて本を読んでいた。勉強家で頭もよいのだ。かわいいな^^

ルシウス
~~~

親愛なるルシウス、

捨てられた子犬のような黒い瞳というわけかい?ずいぶん気に入っているようにきこえるよ^^興味をひかれるな。

Love,ジャン・ピエール
~~~

親愛なるジャン・ピエール、

捨てられた子犬というより、野良猫の子供だな。ボクが声をかけてやったというのに、その後なついてくる気配もない。子犬なら尻尾を振って纏わりついてくるだろう?野良猫は人の好意が嬉しいのに、それが信じられなくて孤独にこもっているのがミエミエだ。からかいがいがありそうだよ。

とはいえ、まだワキ毛も生えていない1年生だ。血筋も定かではないしみすぼらしいし、残念だが恋の対象にはほど遠い。ボクはキミのような、洗練された大人の男が好みだと思う。

ルシウス
~~~

親愛なるルシウスへ、

たしかに1年生ではまだほんの子供だね。だけど子供はいつか大人になるさ。僕だってキミが大人になるのを、首を長くして待っていたんだぜ。とにかくキミが誰かの気持ちを察して語るなんて初めてのことさ。画期的だな。黒い瞳の子猫の今後を楽しみにしている。名前をおしえてくれよ。

ところで、まもなくお母上の命日だね。白いバラを贈るから供えてくれ。

Love,ジャン・ピエール
~~~

親愛なるジャン・ピエール、

バラをありがとう。墓に供えてきた。うちでは誰も母上の命日なんて覚えてもいない。去年の葬儀以来、話にも出ないよ。母上はほんとうに孤独だったのだな。ボクくらいもっと気にかけてあげればよかった。

あの1年生はセブルス・スネイプというのだが、セブルスが纏う貧しさや見捨てられた孤独の影は、どこか母上の境遇を思わせるものがある。だがセブルスは孤独に負けず1人立ち向かう強さも持っているようだ。気にかけてやりたくなるのは、そのせいもあるかもしれないな。

今日は母上の命日で少し感傷的になった。夏休みには2週間ほどフランスに遊びに行く。もうすぐキミに会えるのが楽しみだ。

ルシウスより



テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。