スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブルスとルシウス10

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)

ホグワーツ卒業後、ルシウスに寄りそう影のように過ごす中、セブルスルシウスに見ていた理想像と別の一面を理解するようになります。

ナルシッサを欺いてはばからぬ厚顔さ、セブルスの痛みに目をつむる冷酷さ、どちらも手放さない身勝手さ。セブルスにとって温かい喜びに満ちた初めての出来事が、ルシウスにとってはセブルスを仲間に引き入れる画策だったことにも薄々気づきます。確信犯的な功利主義。目的のために手段を選ばぬ狡猾さ。しかしだからといって憎むには、あまりにも深い絆を感じていました。

ルシウスとの関係に心悩ませつつ過ごす間にも、デスイーターとしての活動が始まっていました。ルシウスとともに、と疑いもせずデスイーターに加わったセブルスでしたが、マグルやマグルびいきの魔法使いを闇の呪文で痛めつける活動には、すぐ嫌気がさしました。そこには闇の魔法のもつ美学への探求もなく、いたずらに呪文を放って成果を喜ぶデスイーター仲間たちの野蛮さも、身をもっていじめを体験していたセブルスにはなじめるものではなかったのです。そして何より、頻繁に耳にする『穢れた血』という言葉。きくたびに、怒りと悲しみに満ちたリリーの緑の瞳を思い出し、胸が痛むのでした。

こんな思いがばれないように、セブルスは閉心術の技を磨いてゆきます。関連する思いを心にちりばめることで、開心術の名手といわれるヴァルデモートにさえ閉心術を使っていることが悟られない高度なものでした。

ヴァルもセブルスが戦闘部隊に向かないことをすぐ見抜き、スポンサーとして発言力のあるルシウスの進言もあって、セブには魔法薬の開発や、頭脳を生かした情報収集を命じます。

情報収集活動の一貫として、ホグワーツ教員の採用を申し込もうとしたセブルスは、偶然シビル・トレロニーの予言を耳にします。

「闇の帝王に抗った両親のもとに7月に生まれる男の子が闇の帝王を倒す」

これは予言の前半部だけでしたが、さっそくセブルスはヴァルに報告します。これがやがて、光と闇の戦いに大きなうねりを起こし、自身を含む多くの人の人生を根底から揺るがす悲劇につながるなど夢にも思わぬままに。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

tag : ルシウス セブルス ハリーポッター

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。