スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーピンの物語2

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)

『暴れ柳事件』、これは最悪といえる思い出がいくつもある僕の人生の中でも、最悪のものの1つだ。

シリウスは考えが足りなかっただけ。後にジェームスやピーターに何度も言われ、自分でも自分に何度も言い聞かせたけど、僕の心に大きな傷を残した。

満月の日の夕刻、僕はいつものように叫びの屋敷に行き、杖を置き服を脱いで変身を待っていた。僕が僕でなくなるのを待つ、不安で憂鬱な時間。ジェームスとシリウスとピーターがアニメガスになって、変身中の僕、つまり狼と遊んでくれるようになったから、以前のように傷だらけになることはないけれど。

仲間たちは冒険の夜だ、今夜はどこに繰り出そうと楽しみにさえしているけど、やっぱり僕には変身が楽しいなんて思えない。第一、僕自身の意識はないし、意識がないまま獣の姿になった僕が何をしでかすかと不安でならない。そろそろ満月が上るのか、体のどこからともなくざわめきが起こる。何度経験しても嫌な感触だ。

と、その時、足音が近づいて来た。まさか!なぜ?

逃げて!早く逃げて!僕は襲ってしまう!食ってしまう!思いがけない事態にひどく怯えて叫んだけれど、、、

変身の瞬間、瞳孔がスネイプの姿をとらえた。恐怖と嫌悪の入り混じった驚愕の顔。

見られた!スネイプに、醜い獣の姿を。

(人間だ。食いちぎりたい)湧きあがる狼の本能。

殺してしまう。逃げてくれ、スネイプ。早く。僕が食い殺してしまわないうちに・・・。

(うまそうな、肉のにおい)

そうだ、僕を殺してしまえ、僕が殺さないうちに・・・





覚醒しかけた意識、いつにもましてけだるい体。充満する血のにおい。目に焼きついたスネイプの驚愕の顔。
僕は彼を食い殺してしまったのか、、それとも噛んで、同じ人狼にしてしまったのか。
僕が死ねばよかった。なぜ、まだ生きている?・・・

リーマスリーマス!ああ、たいへんなことに!何があったのです?」

マダム・ポンフリー。やさしくしてもらったのに、ごめんなさい。僕はスネイプを殺してしまった。生きていてはいけないのです。

言葉に出していたのか、夢の中だったのかわからない。

「大丈夫じゃ、リーマスセブルスは無事じゃ。おお、かわいそうに、リーマス

気がつくとダンブルドア先生がのぞきこんでいた。マダム・ポンフリーも、涙を浮かべて。

「ほんとうに、スネイプは無事だったのですか?噛まれて・・・僕は噛んでいなかったのですか?」

「ああ、大丈夫じゃよ。ジェームスが寸前のところで助け出したからの。安心するがよい」

リーマス、こんなに自分を噛んで。傷ついて、血だらけで。あなたが死んでしまうかと思いましたよ。」

マダム・ポンフリーの温かい腕が僕をつつむ。だけど、僕はその温かさに、値しない。

「死ねばよかったのです。僕なんて、死んでしまえばよかったんだ」

僕は、腕を噛みさき、胸をかきむしり、ひどい状態だったらしい。

ダンブルドア先生が状況を説明してくれた。シリウスの『いたずら』に気づいたジェームスが寸前のところでスネイプを助け出し、すぐにダンブルドアに報告した。シリウスには罰を与え、スネイプは昨夜見たことは決して口外しないと約束した。だから僕は何も心配することはないのだと。

幼いころから、父も母も、僕は狼に襲われたかわいそうな被害者だと言っていた。人を襲って食おうとするのは、僕ではなくて狼なのだと。僕もずっとそう思っていた。だけど。あの時。スネイプの姿を見たあの時、湧きあがった獣の殺意。それは確かに僕のものだった。僕が狼だったのだ。同じ瞬間、スネイプもわかったに違いない。まぎれもない、このリーマスルーピンが、自分を食おうとしているのだと。

まだスネイプと僕らの仲がこんなにこじれていなかった頃、図書館で話したときのことが思い出される。薬草について説明してくれたスネイプに「すごいね、君は」と褒めると、得意げに眉をあげて、ほんの一瞬僅かに笑うような表情を浮かべた。次の瞬間には仏頂面に戻っていたけれど。スネイプも笑うんだと、二度と見ることのなかった笑顔のような表情が、嫌悪と恐怖の驚愕の顔に変わった。

謝りたい、スネイプに。人狼で悪かったと。食おうとしてごめんと。けして許してもらえないだろうけど、僕はそんなことしたくはなかったのだと、伝えたかった。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

tag : セブルス スネイプ リーマス ルーピン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。