スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーピンの物語7

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)

新学年の学校に行ってすぐ気がついたのは、スネイプが明るくなったことだった。明るいスネイプというのは、なんというか、見ていて薄気味悪いものがある。もちろん、明るいと言ってもスネイプだ。ジェームスやシリウスのような、みんなの心を沸き立たせ、思わず笑ってしまうようなものではない。

ただ、ぴりぴりしたとこがなくて、眉間にしわもよっていなくて、視線の鋭さが和らいでほんわかしているというか、それに、そうだ、ローブも新しくなった。見ていてなんとなく落ち着かないけれど、いじめられているのを見ていたたまれないなんていうのよりはずっとましだった。

そして、驚いたことにスリザリン生と一緒に声を出して笑っていた。笑うスネイプ?僕はほんとうにびっくりして、無意識に目でリリーを探すと、、、一瞬目があったけれど、すぐ逸らされた。

よくわからないけど、平和なことはいいことだと自分を納得させることにして過ごしているうち、またちょっと変わったことに気がついた。リリーがジェームスと親しげに話すようになったのだ。だから当然、僕たち4人にリリーが加わることもあるようになった。ジェームスは嬉しそうで、すごくいいヤツになっている。まあ、もともとスネイプが絡まなければいいヤツだったわけだけど。

ジェームスがクイディッチの練習に行っている間に、こっそりリリーに話しかけた。

「リリー、最近ジェームスと仲よくなったんだね。」

言外に、スネイプに嫌がらせするジェームスをあんなに嫌ってたのに、という皮肉が漂っていたかもしれない。

「ええ。今までのこと反省してるって謝られた。もうセブにかまうこともなくなったし。」

「君とスネイプとは、もう?」

リリーはしずんだ顔になって、周囲を確認してから小さな声で話しだした。

「私6年の時、ずっとセブと話さなかったでしょ?でもきっとセブも反省してくれると思っていたの。『穢れた血』が」

いったん口をぎゅっと結んでから、意を決したように続けた。

「その言葉が私たちマグル出身にとってどんなにひどいことなのか、その言葉のもとにデスイーターたちのしていることがどんなに呪われたことなのか、わかってくれると思っていたのよ。だって、セブと私はマグルの町で知り合って、その時からずっと友達で、私のマグルの血をセブが貶めたことなんて一度もなかったもの。」

「そうか、君たちホグワーツに来る前から友達だったんだね。」

「うん。それで夏休みに家の近くで会って話そうと思ったの。きっとセブは反省していて、また友達に戻れると思ったから。でも会えなかった。」

「?」

「いつもの公園に何度も行ったけど会えなくて、セブの家を訪ねてみたのよ。だいたい場所はわかってたから。そうしたらセブのお母さんが、セブは帰ってないって言うの。友達の家に招かれたんだって。」

「スネイプにそんな親しい友達いたっけ?つまり、君以外に。」

「マルフォイ。ルシウス・マルフォイ。」

「ルシウス・マルフォイって、あの、5年上のスリザリンのプリンス?」

「うん。私新学期が始まってから、セブと話そうと思って。スリザリンの教室に行ってセブを呼んでって言ったら、スリザリンの女の子から、セブルスはマルフォイ先輩のお気に入りだから、もう私みたいなグリフィンドールとは話さないって言われた。マルフォイの、、、恋人だって噂なんだって。」

え?スネイプってゲイなの?

という質問が思いっきり浮かんだけど、涙ぐんでいるリリーを見てなんとか飲み込んだ。

ルシウス・マルフォイとスネイプ。頭の中で並べてみると、、意外に似合っていた。マルフォイはゴージャスな男だ。上品で自信に満ちて力強いマルフォイに、ひっそりと寄りそう細身のスネイプ。2人とも聡明で、きっと高度な闇の魔法の話でもしてるんだろと揶揄したつもりが胸が痛んで、一瞬、突き刺さるようなその痛みに驚いて目をしばたかせた。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ルーピンの物語7】

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)新学年の学校に行ってすぐ気がついたのは、スネイプが明るくなったことだった。明るいスネイプというのは、なん...
プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。