スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルフォイ邸

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)


しばらくの間、私はそのように暮らした。平日はホグワーツで魔法薬学の教鞭をとり、スリザリンの寮監を務める。週末ときどきと、長い休暇はマルフォイ邸で過ごす。ホグワーツの生徒たちの出来の悪さは頭痛の種だったが、ドラコの成長を見るのは夢のようだった。

裕福な家庭で、両親の愛を一身に集めて育つドラコ。自分の子供時代を振り返ると、あまりに違いすぎて驚くばかりだ。想像すらできなかった子供時代の夢を見せてもらうようで、我がままいっぱいに振る舞うドラコが可愛かった。

ナルシッサは溺愛しているが、ルシウスは父親として愛ゆえの厳しさもある。出来の良い父親を持つとそういうことになるのだろうが、子供は少しだけ父親の期待には追いつかないものだ。いたずらや癇癪を起してはルシウスに叱られる。そして勉強も、、、ホグワーツの生徒たちを見ている私には十分優秀に思えるのだが、ルシウスの期待には達しない。

ドラコはいつの間にか、ルシウスを尊敬する父上、私のことをやさしい父親と思い込んだようで、ルシウスに怒られるたびに、泣きべそをかきながら私の部屋に駆け込んでくるようになった。私には幼い子を、将来を考えて愛をもって厳しくしつける、ような技は持ち合わせていない。そのようにされた経験がないから、加減がわからないのだ。厳しくしようと思うと、ホグワーツでやっているように、怒鳴りつけることになる。が、泣きつく可愛いドラコにそんなことはできないから、ただ黙って一緒に座っているだけである。

ドラコは子供心に父上が怒るのは自分がいたらないせいだと感じているらしく、泣きやんで気がすむと、父上に謝りに行くのに私を引っ張って連れて行く。一人では心もとないから、ルシウスの前で私の手をにぎりながら「父上、許してください」と謝るわけだ。ルシウスとナルシッサが笑いを堪えているのがわかるからドラコの手を振り放そうとするのだが、そうするとドラコはますます強く握りしめてくる。他人には見せられないが、幸福の一風景ではある。

そんなふうに幸せを感じながら、こんな幸せを、リリーは味わえなかったのだと考える。笑ったり怒ったりしながら、我が子を慈しみ成長を見守る。リリーが望み、リリーにこそふさわしい幸せだったのに。私がそれを奪ってしまったのだ。


魔法界はしだいに、闇が支配した時代のことを忘れていった。ホグワーツの生徒たちからも影が消えてゆく。平和になじみ、戦いや、戦いの英雄たちは過去のことになり、ただ「生き延びた子ハリーポッター」の名が称えられるのみだ。

しかしダークロードは必ず復活する。それを渇望する者もいるし、それに備えている者もいる。これはつかの間の平和なのだ。

私もつかの間の平和を享受し、幸せなひと時を過ごしている。しかし、この平和が、息子を守るというリリーの遺志によりもたらされたということを忘れたことはない。リリーの遺志が、私にまでも、この思いもよらぬ幸せな時間を与えたのだ。リリーの遺志を継ぐ。それが私にできる唯一の償いであり、生きる理由だ。

「マルフォイの周辺に、ダークロード復活の兆しは見えません」

長期休暇からホグワーツに戻るたび、ただちにダンブルドアに報告した。実際、ルシウスはダークロードの復活など望んでもいないし、復活すると考えてもいないと思う。ダークロードがいようがいまいが、その状況でもっともマルフォイの利にかなうよう行動するのがルシウスなのだから。


ドラコの就学が近付いてきた。ルシウスは教育の質を考えダームストラング校などもあたっていたが、ドラコが「セヴィの学校に行く」と言ってきかないので、結局ホグワーツに行くことになった。

「ホグワーツではスネイプ先生と呼ぶのだぞ」とルシウスが教えると、「スネイプって誰?」とドラコ。呆れたことにドラコは私のことを「ダディ・セヴィ・マルフォイ」だと思っていたらしい。眉をひそめたルシウスの顔を見てドラコが身をすくめ、私はこの、ややぬけた御曹司の行く末に若干の不安を覚えた。

そして、いよいよ。。。リリーの愛の守りが強くはたらく場所で守り育てられているという、ハリーポッターもホグワーツにやって来る。必ず、何があっても、その命を守りぬく。リリーの遺志を継ぎ。かなうなら、リリーのように、謙虚で勇敢に育ってほしい。身の引き締まる思いで、その日を待った。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【マルフォイ邸】

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)しばらくの間、私はそのように暮らした。平日はホグワーツで魔法薬学の教鞭をとり、スリザリンの寮監を務める。...
プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。