スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッター、原作読まずに映画を観る

ネタバレあり注意

ハリーポッター』の翻訳本が出た頃、大人のミーシャは、
「児童書でしょ?その割に高いし」などとひねくれて、本を読みませんでした。

しかしファンタジーのエンターテイメント大作映画は好きだったので、まずは映画を観たわけです。

映画1作目「ハリーポッターと賢者の石」~単純に楽しくて可愛い、見心地のいい映画。

ホグワーツの映像に夢があり、子役3人超可愛く、児童ファンタジーの王道、白髭・白髪のダンブルドアに安心感があり、見心地のいい映画でした。恵まれない境遇で育った少年ハリーが、ホグワーツで友達を作り、周囲の人に見守られながら成長していくストーリー。登場人物が多いし、魔法物の名前が特殊なのでよくわからないところもありましたが、そんなことは全然気にならず、映画だけでとっても楽しめます。

映画2作目「ハリーポッターと秘密の部屋」~スネイプ先生とルシウスに目がハート♪

とっても素敵な大人お2人!スネイプ先生の決闘シーンと、スネイプ先生&マルフォイ父上が並んでクィディッチを観戦するシーンに目が釘付け@@ 大人が加わり、魔法界の社会情勢・・・親マグルvs純血主義・・・が描かれ、ストーリーにぐっと立体感が出てきました。

映画3作目「ハリーポッターとアズガバンの囚人」~親世代登場!

またも素敵な大人が2人、ルーピン先生とシリウスが加わります。そして今見えているハリー世代のお話だけでなく、親世代の子供時代の投影が感じられ、ストーリーに遠近感・奥行きが感じられます。話的には、たぶんかなり原作はしょられてるな感は出てきて、もう少し説明してほしいと思いながらも、映像が美しく、登場人物もみな魅力的なので、違和感なく観られます。

映画4作目「ハリーポッターと炎のゴブレット」~暗い影が。

大々的なクィディッチ・ワールドカップ開催、、、から一転、デスイーターの登場で暗い影が色濃く見えてきます。しかしトライウィザード・トーナメントで登場人物がぐっと増え、ハリーたちの試練の課題と、学園青春ドラマ風な筋立てで物語の本筋がわからなくなり、そして最終部のヴァルデモード復活はともかく、友であり善良なセドリックの死と言う、児童文学にはありえないでしょう?な展開。このあたりから、原作読んでないとかなり苦しい^^;

映画5作目「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」~シーンはよいけど話がわからん

印象的な場面はけっこうあります。ぶりっこファッションでこわいアンブリッジ。ダンブルドア軍団は子供たちが自ら立ち上がる成長と初恋の季節。スネイプ先生のハリーへの閉心術レッスンに垣間見られた親世代の過去。そして最終部魔法省の戦いとシリウスのあっけない死。ただ、場面場面がぷちぷちと切れてしまっていて(ミーシャの頭の中で)、本筋のつながりがよくわからなくなりました。

映画6作目「ハリーポッターと謎のプリンス」~混乱するも、スピード感で鑑賞

スタートはいきなりマグル社会に及ぶ闇の影。スネイプ先生ご自宅での破れぬ誓い。ダンブルドアとハリーの旅路(スラグホーン先生宅とゾンビの沼?)、ドラコの苦悩、そして衝撃的なラスト、と息もつけぬ展開で話が進みます。物語の大筋を理解していない感覚はあれど、テンポの良いストーリー展開でわかったような気にはなる。主人公はスネイプ先生と確信!

映画7作目「ハリーポッターと死の秘宝Part1」~暗いよ~

こわ~いデスイーター勢ぞろいの集会。スネイプの複雑そうな立場。マルフォイファミリーなんでこんなに虐げられてるの?って感じで始まりました。ハリーたちは学校を離れ、3人で何かを探す旅をしています。仲たがいしたり、悪者に捕まったり。暗~い雰囲気と緊迫感は伝わりますが、話がわからん^^; そもそも、ハリーたちがホークラックスを探してることがわかっておりませんでした、タイトルから、死の秘宝を探してるのだとばかり。

ということで、10年近く見続けたお気に入り大作映画の話の筋がわからんまま最終章を迎えるのは残念すぎる、とこの期に及んでようやく原作本をざっと読みしました。映画もDVDで1作目から復習して、(前作までに比べると)万全の態勢で挑んだ最終章。

映画8作目「ハリーポッターと死の秘宝Part2」~号泣、そして大団円

やっぱり、話がわかって観ると、映画も全然違いますね。主役スネイプの人生に、涙にくれましたし、戦い終末から19年後にかけてのハリーの急成長にも涙しました。こんなに人、殺さないで~!とも。登場人物の多くに思い入れがあり、これでおしまいが寂しかった。人物がよく描かれていたストーリーだったということですね。


先に映画を観ていると、ホグワーツや登場人物のイメージも映画のもので本を読むことになります。他の人たちもよかったですが、特にハリーたち3人+スネイプはもう映画の俳優さんたち以外に考えられないほど、私としてはハマり役だったと思います。

先に原作を読んで、自分のイメージを持っていると、違和感があるかもしれません。

なので、映画1、2作観てから原作読んで続きの映画を観るのがよいかなと。特に原作が厚い本になった4巻からは、ストーリーは原作で、印象的な場面を画像として映画が見せてくれているという感じで観たらよかったと思います。7巻は映画も2部に分けてやってくれたので、丁寧に描かれていて嬉しかった^^

で、映画を最終章まで観終わってから、原作をじっくり読むという作業に入ったわけですが、翻訳の違和感を持ちたくなかったので、イギリス版の原書で読んでいます。その分読み込みは薄くなるかもしれませんが、孤独なセブルス少年が『吾輩』という一人称を使うにいたる道筋が頭の中に描けなかったので、やっぱり原書でと。『吾輩』なスネイプの物言いもひねくれてて好きなんですけどね。ヴァルの俺様も、スネイプの吾輩も、原書では『I』なので翻訳難しいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 小説・文学

tag : ハリーポッター スネイプ ルシウス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ハリーポッター、原作読まずに映画を観る】

ネタバレあり注意『ハリーポッター』の翻訳本が出た頃、大人のミーシャは、「児童書でしょ?その割に高いし」などとひねくれて、本を読みませんでした。しかしファンタジーのエンタ...
プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。