スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スネイプとポッターと秘密の部屋(4)

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)


月の終わりはハローウィンの晩さん会が開かれる。死者の魂が戻るというハローウィン。リリーの命日。息子の無事な姿を確かめに、リリーの魂もホグワーツに来るだろうか?

去年のハローウィンはトロール騒ぎで散々な目にあった。三頭犬に噛まれた脚の古傷が痛む気がする。今年は何事もなく終わるとよいのだが。。。

大ホールの晩さん会に集う生徒たちを確認すると、ポッターがいない。ウィーズリーとグレンジャーも。どこで何をしているのだ?まったく、母親の命日だというのに、また規則破りの冒険でもして危険を買って出ているのか?こんな息子をかばってリリーは命を落としたというのに。何かあったら顔向けできないではないか。

気をもむうちに晩さん会が終わり、生徒たちが解散してまもなく、廊下で騒ぎが起こった。ダンブルドアやミネルバとともに駆けつけると、フィルチの愛猫、ミセス・ノリスが石になって吊り下げられており、フィルチがポッターを指さし「お前が殺した、私の猫を!」と嘆き叫んでいた。ウィーズリーとグレンジャーも茫然と立っている。周りには静まり返った生徒たち。

廊下の壁に、文字が浮き出ていた。

秘密の部屋の扉は開かれた。継承者の敵よ、気をつけよ」

ダンブルドアは生徒たちに各寮に戻るよう指示すると、フィルチとポッターたち3人を連れてすぐ上のロックハートの部屋に行った。ミネルバと私も。

数百年前、ホグワーツの創始者、サラザール・スリザリンが、マグル出身の生徒を受け入れるか否かで他の3人の創始者と決裂してホグワーツを去る時に呪いをかけたという秘密の部屋。探しても見つからなかったその部屋の扉が50年ほど前に開かれた時、マグル出身の生徒が一人死んだという。職員たちはみな知っている話だ。

フィルチは自分がスクィブだと知ったポッターがやったのだと訴え、ダンブルドアはこんな闇の魔術は2年生には無理じゃと諭している。まずは事実を明らかにせねばならないし、ポッターたちの晩さん会すっぽかしもとがめておかねばならない。何をしていたのだ?去年だって皆と離れて危険な目にあったのに。私は口をはさんだ。

「ポッターたちは運悪くこの場にいただけかもしれませんが、実際ここで怪しいことが起こったのは確かです。そもそも彼らはなぜ晩さん会に出ないで、この廊下にいたのでしょうな?」

ポッターたちはゴーストたちの死んだ日記念日のパーティに出ていたと説明した。

「ではなぜそのあと晩さん会に来ないで、ニ階の廊下にいたのだ?」

たたみかけて聞くと、疲れて寝たかったと言う。

「食事もしないでか?」

問い詰めると、ウィーズリーがお腹がすいていなかったからと答えたが、盛大に腹が鳴った。こんな重大事に見え透いた嘘をつくとは、なめるにもほどがある。懲らしめなければ。

「校長、ポッターたちが真実を述べるまで、クィディッチの試合に参加するのは禁止すべきと思われます。」

我ながらよい考えだと思ったが、ミネルバが激昂して反論してきた。

「なんということを、セブルス!猫が箒で殴られたわけでもないのに、ポッターの試合参加を禁止する必要はありません。ポッターが悪事をはたらいた証拠などないではありませんか。」

グリフィンドールの校長から鶴の一声が来た。

「セブルス、疑わしきは罰せずじゃよ。」

「ですが、校長先生、私の猫は石にされたのでございますよ。罰もないとはあんまりな、、」

フィルチの涙ながらの訴えは、スプラウト先生のマンドレイクが育てば、石化の呪いをとく薬ができるからとなだめられた。すかさずロックハートが自分が魔法薬を作るなどと出しゃばり、私はフィルチが気の毒だったので、私が作ると言って安心させてやった。

結局、それでその場は解散となり、つまりポッターたちはまたもおとがめなしで退室となった。グリフィンドールの校長・副校長連合にあってはかなわない。ポッターたちを反省させ、ポッターを危険な試合に出さず、ルシウスと一緒に見るクィディッチのスリザリン勝利を固めるよい案だと思ったのだが。

解散後、今回の件にダークロードが関わっている可能性をダンブルドアに尋ねた。前回秘密の部屋の扉が開いた50年前と言えば、ダークロードがホグワーツの学生だったころではないか?ダークロードはサラザール・スリザリンの末裔だと言っていた。もしダークロードが関わっているとなれば、ポッターがあの現場に居合わせたのは、偶然とすませてよいものだろうか?ポッターとて、マグル出身ではないが、マグルびいきの「継承者の敵」なのだ。

「50年前にはハグリッドが扉を開けたとして退学させられたのじゃ。」

「ハグリッドが?」

「じゃが真実はそうではない。トム・リドルがやったことじゃ、わしはそう確信しておる。」

「トム・リドル、、、ダークロードが?では今回も?ポッターを狙っているのでしょうか?」

「前回の件と、ダークロードの居場所はわしが調べよう。セブルス、お前はハリーと生徒たちの安全に気をつけるのじゃ。」
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

tag : ハリーポッター 秘密の部屋

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【スネイプとポッターと秘密の部屋(4)】

(これは『ハリーポッター』シリーズの本と映画鑑賞後の、妄想です)月の終わりはハローウィンの晩さん会が開かれる。死者の魂が戻るというハローウィン。リリーの命日。息子の無事...
プロフィール

ミーシャS

Author:ミーシャS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
出遅れハリポタ語り

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。